親の死 - 自分史 - 専門家プロファイル

平川 裕貴
株式会社リリパット 代表取締役社長
兵庫県
マナー講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
橋本 亜依
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)

閲覧数順 2017年04月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今だに最新のコラムが「新年のご挨拶」になっている私平川裕貴。

これではいけない、とりあえず何か書かなくちゃ・・・

というわけでペンを取りました。

 

昨年秋に父が亡くなり、もうすぐ1年になります。

87歳でしたから、もう十分生きたと言える年齢です。

でも、自分の想像や覚悟していた以上にショックが大きくて、その後長い間、自身のブログも書けない状態が続きました。

 

父の死因は、胃がんでした。

昨年9月まで、物が食べられなくなったとは言っていましたが、80代後半にしては元気

で、自分のことは何でも自分でできる人でした。

認知症気味の母の面倒を見ながら、娘二人に迷惑をかけないようにと頑張ってくれていました。

 

9月半ば病院に行っての診断は、末期の胃がん。即入院となりました。

最初の2週間は検査検査の毎日でしたが、本当に病気?と思えるほど元気でした。

ところが、抗がん剤治療を始めた途端、みるみる体力が衰え、2週間であっけなくこの世を去りました。

 

病院に行かせていなければ・・・、入院させていなければ・・・、抗がん剤治療に反対していれば・・・、

もう少し長く生きられたのではないか。

私と妹は、そんな悔いにさいなまれました。

 

「もう寿命だったんだ・・・」

父の写真を見て泣く日が少なくなって、また何か書いてみようという気にようやくなってました。

 

幾つになっても親の死は悲しいものですね。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

50歳前後は認知症予防でのライフスタイルチェンジのターニングポイント 奈良 修次 - 鍼灸師 臨床検査技師(2016/02/14 17:55)

奈良:唐招提寺・鑑真和上 中舎 重之 - 建築家(2014/11/01 10:41)

ヤフーまでもが始めた終活サイト、Yahoo!エンディング 石崎 公子 - ヒキダシスト/Comunication Specialist(2014/07/19 18:38)

遺影は選んでおきたいけど準備していない~アンケート調査結果から 石崎 公子 - ヒキダシスト/Comunication Specialist(2014/05/31 10:00)

先行き明るい人生を送りたい方へ まりねえ - スポーツインストラクター(2014/05/20 23:43)