「FIFAワールドカップとブラジル」 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

清水 康弘
株式会社参創ハウテック 代表取締役社長
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「FIFAワールドカップとブラジル」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
家づくり

 昨夜はサッカー日本代表のオーストラリア戦があり、ご存じの通り、後半ロスタイムに何とか引き分けに持ち込み、5大会連続でワールドカップ出場を決めました。

 それにしても代表選手がシュートを打っても打っても枠の中に飛ばず、結局は相手のセンタリングミスキックから不運な得点を奪われ、もう駄目かと思っていました。

 それでも本田がPKを獲得して、自らど真ん中に決めてくれました。

 あの局面では私もサイドを狙うのではなく真中に蹴るようにと心の中で祈っていましたが、まさにその通りの価値あるゴールになりました。

 決まった瞬間には、渋谷のスクランブル交差点には数百人の警察官が出動して厳戒態勢が敷かれ、全く関係ないところでも盛り上がったといいますか、煽ったような出来事が起きていました。

 実は写真のジェラルド社長はパルメイラスの大ファン、夫人はコリンチャンスの大ファンで、仲の良い夫婦でありながらも別々のチームのサポーターのようです。

 やはりブラジル人の方だけ会って、サッカーは国民的なスポーツですから、普段からクラブチームをしっかりサポートしていて、その延長線上で母国の代表チームを応援しているのです。

 ところが日本はというと、代表チームだけ応援して盛り上がっても、普段はJリーグを観戦しないというのは、私見ながら悲しい気もします。

 皆さんでもっとJリーグに興味を持って頂くことで、代表チームのシュートも枠の中に飛ぶ日が来るような気がするのですが・・・。