賃貸マンションの設備の残置物について - コラム - 専門家プロファイル

柳 一幸
株式会社アライバル 
東京都
不動産業
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賃貸マンションの設備の残置物について

- good

皆様こんにちは。

アライバルの柳です。

 

今回は賃貸マンションの設備の残置物について書きたいと思います。

 

まず、設備の残置物とは、賃貸マンションの部屋の中に設置してある設備のうち、

貸主が設置した物ではなく、前の入居者が設置して、退去の際に原状回復(撤去)せずに、

そのまま設置してある設備のことです。

 

例えば、もともとエアコンが設備として設置していなかったので、前の入居者が自身でエアコンを購入して、

本来は退去の際に原状回復(エアコンの撤去)をしないといけないのですが、

前の入居者が残置物としてそのまま残しておいたようなことです。

 

本来は賃貸マンションの部屋についている設備は、貸主の所有物の場合、通常の使用方法で使用していて

経年変化などで壊れてしまった場合は、貸主の負担で修理を行います。

 

しかし、残置物の場合は、そもそも貸主の所有物ではないので、壊れたとしても貸主側に

修理の義務はありませんので、ご自身で修理をするか、処分して買い換える必要がありますので

ご注意ください。

 

アライバルでは新宿・中野・渋谷エリアを中心に高級賃貸マンションを多数取り扱っております。

 

新宿・中野・渋谷エリアを中心とした高級賃貸マンションサイトはこちらからご確認いただけます。

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

設備の軽微な故障について 柳 一幸 - 不動産業(2014/08/21 12:46)

賃貸マンションの不要な設備の取り扱いについて 柳 一幸 - 不動産業(2014/01/16 19:09)

リノベーション賃貸マンションについて 柳 一幸 - 不動産業(2013/10/17 07:51)

契約期間中の貸主側からの解約について 柳 一幸 - 不動産業(2013/10/17 07:48)

入居時の現況確認書について 柳 一幸 - 不動産業(2013/07/10 17:35)