現場も ドウブツの森? - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

株式会社ソキウス 代表取締役
東京都
建築家
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現場も ドウブツの森?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談
ものづくりの現場から
現場は、サッシ廻りと打ち継ぎ目地のコーキング
週末の足場解体にむけ、外壁工事最後の工程です。
 
私のほうは、
外壁補修の最終確認と 道路の後退部分の打合せ。
敷地の一部であっても、前面道路の幅員が狭い場合
特定の有効幅員を確保するため、そこの部分も含め
道路状に舗装することがあります。
建築基準法上は、その部分も含め道路の扱いとなります。
舗装工事、そのものは 道路管理者 である 区
がおこなってくれることになってました。
 
区役所の担当者の方々と、現場で打合わせていて
面白い事を知りました。 タヌキ がいるのです。
 
わたしも かねがね
建築現場に いろんな生物がいることは承知しています。
 
・ネコ
 ‥荷物を運ぶ一輪車 ネコおしグルマ 
・トンボ
 ‥グラウンド整備で使う道具
  現場では、左官やさんが土間の押さえ に使います。
・ボウズ
 ‥丸太でつくるやぐらや足場。あるいは丸太そのもの。
・アサガオ
 ‥外足場に設置する、落下物防止の跳ね出し。
 
タヌキとは どうやら 
埋設する配管のため、舗装した道路を一部掘り起こす
ことのようです。
今日の監理では、未知の生物に遭遇しましたな。

O-Project

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ものづくりの現場から」のコラム

このコラムに類似したコラム

建築カメラマンの写真 松永 隆文 - 建築家(2016/08/23 09:39)

現場は暑い! 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/11 04:00)

きょうの料理 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/08 04:00)

小さなテラスハウス 写真撮影 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/02 04:00)

八戸で建築家の住宅展 小木野 貴光 - 建築家(2016/08/27 03:00)