Q就業規則に有給休暇に関する規定がない場合、正社員である私は有給休暇を取得できませんか? - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)

閲覧数順 2017年02月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Q就業規則に有給休暇に関する規定がない場合、正社員である私は有給休暇を取得できませんか?

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

使用者は、その雇入れの日から起算して6ケ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければなりません。

これは労働基準法に規定されており、上記条件を満たす場合には、就業規則に定めがなくとも有給休暇を与えなければなりません。

さらに、使用者は、勤続年数1年6か月で11労働日、2年6か月で12労働日、3年6か月で14労働日、4年6か月で16労働日、5年6か月で18労働日、6年6か月20労働日、以降は一年経過ごとに20労働日(すなわち、7年6か月で20労働日、8年6か月で20労働日、・・・・・)の有給休暇を与えなければなりません。ただし、労働者は6か月経過日からも1年ごとに全労働日の8割以上出勤する必要があります。

本件においては、就業規則の定めの有無にかかわらず、上記条件を満たす場合、労働者には有給休暇が認められます。

このコラムに類似したコラム