弁護士の探し方5 弁護士のタイプ - 民事事件 - 専門家プロファイル

内田 清隆
石川県
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年08月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

弁護士の探し方5 弁護士のタイプ

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件
弁護士の探し方 選び方 
 最近は少なくなったと思いますが,「俺に任しておけば大丈夫だ,いいようにしてやる」という雰囲気を持ち,良く言えば頼りがいのある,悪く言えば,強引なタイプの弁護士も数多くいます。一方で,メリット・デメリットなどをきちんと時間をかけて説明し,依頼者にできるかぎり情報を与える選択させる,良く言えば丁寧で優しい,悪く言えばごちゃごちゃとうっとうしい弁護士もいます。
どちらを選ぶかは,まさに好みの問題です。余りに丁寧で優しいのもじれったいものですし,余りに強引なのも不安になります。どちらのタイプの弁護士に優秀な弁護士が多いということはいえないと思いますが,どちらのタイプを自分が好きかということはあると思います。そのような自分の好みで弁護士を選べばよいのです。
 
 それは,弁護士に対して何を求めているかにもよります。とにかく多くお金を取りたいが自分にはそれをやる時間がないと思っているだけであれば,親切・丁寧な弁護士はうっとうしく感じることになるでしょう。逆に,離婚事件などに多いのですが,とにかく話を聞いてほしいと思っているのに,説明もなく強引に進められれば不満だけが残ります。
 弁護士としては,依頼者のニーズにあわせて,ある時は強引に,ある時は親切丁寧にしなければいけないのですが,それは簡単なことではありません。むしろ,弁護士を選ぶ際,自分のニーズを満たしてくれそうな弁護士を選ぶべきなのです。