普段から使える防災のヒント(老眼鏡) - 防災グッズ・避難 - 専門家プロファイル

災害リスク評価研究所 代表(災害リスクアドバイザー)
東京都
危機管理/BCP/防災計画コンサルタント
050-1042-2676
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:防災

松島 康生
松島 康生
(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)
松島 康生
松島 康生
(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

普段から使える防災のヒント(老眼鏡)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 防災
  3. 防災グッズ・避難

「災害リスクのホームドック」 災害リスクアドバイザーの松島康生です。

 

チョットした防災ネタになりますが、被災地で役立っていたモノや災害時に役立ちそうな防災ヒント集です。普段から使えるヒントなので覚えておいて損はないかと思います。

 

初回は中越地震、東日本大震災でも使えた防災ヒントです。

私自身、数年前から老眼が進んできまして、今になって母親の気持ちが分かるようになってきたのですが・・・ 近いモノが見えづらく、新聞や手元の書類が見えづらい。視力1.5以上なのでイライラが募るばかりです。

イザッと言う時に手元になくて幾度も苦労しました。その場しのぎにも使えるのかと思いますので、知識として覚えていただければ幸いです。



●老眼鏡が無い時・・・紙に爪楊枝で開けた小さな穴から覗くと、意外と見えるんです。欠点は視界が狭く、光量が足らないのが難点ですが、何とか読めるようになります。

これをヒントに眼鏡タイプの簡易老眼鏡を作ってみたいと思います。完成まで5分程度です。 用意するのは厚紙(ティッシュやお菓子などの空箱を利用)に、細い切り込みを入れて、輪ゴムを耳に掛ければ「緊急用老眼鏡」として使えます。

 

① 厚紙をメガネサイズに切り取ります。

老眼鏡が無い時1 老眼鏡が無い時2

  

② ピント調整用となる部分を切り取る。

老眼鏡が無い時3 老眼鏡が無い時4

  

③ フチに引っ掛けの切り込みを入れて完成です。

老眼鏡が無い時5 老眼鏡が無い時6

 

●老眼鏡はあるが度数が足らない時・・・私はデスクトップPCを使用する時は度数+1.0なのですが、手元の本や書類を読む時は+2.0なので、いちいちメガネを掛け直すのが面倒で老眼鏡を二重(2つ)に重ねて見てみたら、プラスされた度数になる事が分かりました。

度数が足らない時1

 

見た目は非常に滑稽ですが、老眼鏡はレンズを重ねることでその分がプラスされた度数で見られる事を知っておいて損はないかと思います。試しに100円ショプで購入した老眼鏡にレンズだけを重ねてみたらウマく行きました。

度数が足らない時2度数が足らない時3

  

注意点:他人から見ると非常に滑稽な上に、目にも良くないかと思います。ご自分の視力に合った適正なメガネをお使いになることをお勧めします。

 

 

●参考:予備の老眼鏡を用意する。

100円ショップも良いのですが、東京・池袋に「老眼めがね博物館」なるところがあります。ここは100円未満の老眼鏡から、品質の良い老眼鏡も非常に安く販売されています。 なんと、今なら、初めて来店された方には、無料で老眼鏡をプレゼントしてくれます。

老眼めがね博物館
東京都豊島区南池袋3-16-9

03-3984-5652  営業:10:30~19:30、水曜定休

池袋にお寄りの際は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)
災害リスク評価研究所 代表(災害リスクアドバイザー)

その場所は地震や台風・集中豪雨時、本当に安全と言い切れますか

大地震や台風・集中豪雨が発生した際のリスクを、防災の専門家が災害危険の調査分析して具体的な対策をアドバイスします。また、企業/高齢者福祉施設/幼稚園保育所向けに、災害リスク調査、BCP(事業継続計画)・防災計画、防災研修等をご提供します。

050-1042-2676
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「地震対策」に関するまとめ