「変額終身保険より、投資信託の方がお得です!」? - 保険選び - 専門家プロファイル

大関 浩伸
株式会社フォートラスト 代表取締役 FP技能士
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「変額終身保険より、投資信託の方がお得です!」?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
誤認識?FPが語る主観論の検証
おそらく、この言葉を唱えたFPは、死亡保険金額が保険料払込累計を確定で大幅に上回る
設計が存在することを一切知らないのでしょう。

しかも終身保障ですから、いつか必ず、拠出金(払込保険料)累計額以上のものが
「資産」として残ることなります。

例えば、35歳加入・65歳払込満了という設計なら、「約165%の資産形成」という表現
さえ成立します。しかも、これに運用成果で「+α」が付くのです。

逆に、

300万円程の死後の整理資金を準備するのでしたら、最大で182万円以下の拠出で済む


わけですから、運用成果云々という不確定なものと一緒に語るのがそもそもの誤りだと
思われます。

短期の利殖目的には、合いませんが、長期保障+資産形成という目的には適合すると
言い切れる理由はここにあるのです。

運用面だけにフォーカスして、これらのことを一切知らないからこそ、掲題のような表現に
なってしまうのでしょう。これでは専門家という冠が泣いてしまいますよね(苦笑)

FP事業者の収入構造として、投資信託販売が有効であるという背景と、保険商品の効能に
無知であることから生まれてきた、こうした見解に惑わされないようにしましょう。

変額終身保険でなく、変額保険の有期型なら、掲題の論拠はわかりますが、
まさか、変額保険に終身型があることを知らなかったのでしょうかね(苦笑)

(続く)