日比谷公園 - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)

閲覧数順 2017年02月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
日比谷公園は、1903(明治36)年、日本で最初の洋式公園として開園しました。
日弁連会館、東京家庭裁判所・簡易裁判所の道を挟んで東に広がります。さらにその東には帝国ホテルがあります。
園内には、日比谷公会堂、図書館、野外音楽堂、松本楼などがあります。
首都圏に住む人間にとっては、思い出の場面がいくつかここにあるはずです。
私にとっては、昭和60年10月、司法試験に受かった直後に訪れて、晴れがましい気分で散策したことを懐かしく思い出します。
弁護士になった今も、東京地・家裁の帰り、直近の丸の内線の霞が関の駅で乗らずに、わざわざ同公園を通って、寄り道するのも楽しみなものです。
あまりにも清潔で、他なら必ず見かける人生の寄り道をしている人の姿が皆無であることが、玉に瑕、でしょうか。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。