「社会保険労務士 必修テキスト」その8 - 労災認定 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

村田 英幸
(弁護士)
田中 圭吾
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「社会保険労務士 必修テキスト」その8

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 労働問題・仕事の法律
  3. 労災認定

今日は、上記書籍のうち、労働者災害補償保険法(いわゆる労災法)の業務災害と通勤災害の定義を読みました。

労働者災害補償保険法

第七条  この法律による保険給付は、次に掲げる保険給付とする。
 労働者の業務上の負傷、疾病、障害又は死亡(以下「業務災害」という。)に関する保険給付
 労働者の通勤による負傷、疾病、障害又は死亡(以下「通勤災害」という。)に関する保険給付
 二次健康診断等給付
○2  前項第二号の通勤とは、労働者が、就業に関し、次に掲げる移動を、合理的な経路及び方法により行うことをいい、業務の性質を有するものを除くものとする。
 住居と就業の場所との間の往復
 厚生労働省令で定める就業の場所から他の就業の場所への移動
 第一号に掲げる往復に先行し、又は後続する住居間の移動(厚生労働省令で定める要件に該当するものに限る。)
○3  労働者が、前項各号に掲げる移動の経路を逸脱し、又は同項各号に掲げる移動を中断した場合においては、当該逸脱又は中断の間及びその後の同項各号に掲げる移動は、第一項第二号の通勤としない。ただし、当該逸脱又は中断が、日常生活上必要な行為であつて厚生労働省令で定めるものをやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合は、当該逸脱又は中断の間を除き、この限りでない。

このコラムに類似したコラム

労働基準法における労災の規定 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/04 14:20)

「社会保険労務士 必修テキスト」その10 村田 英幸 - 弁護士(2013/02/11 14:48)

ベースアップと定期昇給 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/05 12:57)

不当労働行為審査手続の労働委員会での手続の概要 村田 英幸 - 弁護士(2013/11/08 07:29)