住宅取得資金の贈与税の非課税枠について

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 贈与税

住宅取得資金の贈与税の非課税枠についてお聞きします。
今般の税制大綱で1500万円までの贈与税の非課税枠が拡大したとおもうのですが、これは他人からの土地・建物の取得の際のみに適用されるものなのでしょうか

例えば、父から3000万円の土地と建物を贈与(名義変え)してもらう際には利用できないのでしょうか?<現在私は当該マンションに居住>
また利用できないとした場合
控除枠として利用できるのは通常贈与税の範囲である
110万円の枠のみなのでしょうか

簡単な質問で恐縮ですがよろしくおねがいします

ご質問の事項は該当しません

2010/02/12 15:39

thunder 様

初めまして、ライフプランの実現と資産運用をサポートするオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

現在、税制大綱で1500万円の非課税枠を設定するものは、住宅取得のための資金とされています。概ね購入する、増築するための資金が対象とされています。

thunder様が記載されていらっしゃる内容は、不動産の名義変更にあたりますので、利用対象では有りません。通常の贈与に当たります。

詳しくは下記を参照ください。現在の非課税枠は500万円で、これに特別枠を1,000万円上乗せすることになります。

No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税制度
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

活用できる制度としては、相続時精算課税制度が有りますが、これは生前贈与の贈与税と相続税を通じた制度ですので、節税方法とは別なものですが、宜しければ下記をご一読ください。

相続時清算課税制度のあらまし
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/pan1504-1/01.htm

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

贈与税について 2012/12/18 18:36 | 回答1件
住宅資金特別控除について 2009/02/03 14:11 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
贈与税について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。