ガーデナー建築家/勝田無一(建築家)- コラム「■ シリーズ/狭小敷地の土地選びのコツ-2」 - 専門家プロファイル

ガーデナー建築家/勝田無一
ガーデナー建築家の楽しい家

ガーデナー建築家/勝田無一

ガーデナーケンチクカカツタムイチ
( 東京都 / 建築家 )
(有)創設計 主宰
Q&A回答への評価:
4.6/9件
サービス:1件
Q&A:9件
コラム:13件
写真:9件
お気軽にお問い合わせください
03-3408-8419
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

■ シリーズ/狭小敷地の土地選びのコツ-2

- good

■シリーズ/狭小敷地の土地選びのコツ 2014-03-18 16:02

■南側道路より北側道路!!その2


南面全てがリビングで使える!「北側道路」の敷地。

不動産屋さんは、南側道路の土地を案内して「どうです!このとおり陽当たり抜群ですよ」・・・と南側に接道する敷地の価値を説明します。


確かに更地の土地には陽差しが燦々と差し込んでいます。・・・・だからといって南側一杯に窓が開けるリビングスペースが得られるでしょうか。

 


北側道路●メリット1/南側の庭先一杯に開くリビングスペースがプランニング可能。


南側道路に接道する敷地では、生活スペースと生活動線が錯綜してしまいます。

せっかく陽当たりの良い南面も、道路から玄関へ続くアプローチを作らねばなりません。また、収納をしっかり確保した玄関や駐車場も作らねばなりません。

結果的に南側に確保したいリビングの南間口の大半を割くことになり、アブローチ側からのプライバシー視線の対策もしなくてはならなくなります。


北側道路敷地の場合は、玄関も駐車場も北側道路面にレイアウトすることになりますので南面の庭先全てが生活スペースとして自由にプランニング出来ることになります。

 


北側道路●メリット2/廊下等の動線が省スペースとなりシンプルな機能動線のプランニングが可能。

1階も2階も玄関・階段・廊下等動線スペースが北側に集約し易くなりますので北側から南側生活スペースへの合理的な動線プランが可能となります。
省スペースとなった動線スペースにより、生活スペースをより広く確保するプランニングが可能となります。


・・・・この違いは大きいです!!


「住宅何でも相談室」(無料)では、随時土地選びのご相談を受付しています。
経験豊富で気さくな建築家がお応えします。
どうぞお気軽にご相談下さい。

カテゴリ 「■シリーズ/狭小敷地の土地選びのコツ」のコラム

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真