死亡退職金の節税策 - 遺産相続 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

死亡退職金の節税策

人生・ライフスタイル 遺産相続 2009/08/17 06:35

いつもお世話になっております。初心者ですが質問させていただきます。
父が今年8月に亡くなり、父の勤めていた会社から退職金が支給され、それを遺族で相続することになりました。家族構成は母・私(兄)・弟で、この3名が相続人となる場合での節税策を考えてみました。相続の対象となるのは仮に死亡退職金5000万円のみとします。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4117.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4102.htm
http://www2.odn.ne.jp/muraoka/zeihou03.html

? 相続分を母1/2(2500万)・私1/4(1250万)・弟1/4(1250万) として、非課税限度額は500×3=1500万なので、

母 2500-1500×2500/5000=1750万
私 1250-1500×1250/5000=875万
弟 私と同様 875万
計 3500万

となりますが、この3500万は
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4102.htm
での図で言うと「正味の遺産額」と「課税遺産総額」のどちらでしょうか? 結局3名がそれぞれいくらを納税すべきなのかが解明できませんでした。

?この5000万のうち例えば500万を葬式・墓代に当てたいのですが、業務上死亡でないので普通給与の半年分(400万とします)を弔慰金非課税とすることで、残り4600万で上の?と同様に再計算することはできるでしょうか?(5000万→4600万として計算)

?父の「生命保険金」の支払いが1000万円ある場合、?の計算はどのように変わってくるでしょうか?

? http://www2.odn.ne.jp/muraoka/zeihou03.html で確認したところ、今回のケースで該当しそうなのは以上のみでした。(生前贈与などはなし) 他に節税策などがございましたら、お手数ですが是非ご教授願います。

boysglassさん ( 千葉県 / 男性 / 25歳 )

回答:1件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

相続税の計算体系をご紹介します

2009/08/17 08:27 詳細リンク

boysglass 様

初めまして、ライフ・プランの実現と資産運用をサポートするオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

税理士資格を保有しておりませんので、個別の税試算にはお答えできませんが、相続税の課税体系についてのみご紹介します。

相続税の計算体系は
第一段階として、各人の相続税の課税価格の計算(取得した財産の価額の計算)
があります。boysglass様がお考えになられたのはこの段階です。

次に第二段階として、相続税の総額の計算があります。
この総額の計算式は
{(各人の課税価格)+(各人の課税価格)+(各人の課税価格)}-遺産に係わる基礎控除=課税遺産額です。この遺産に係わる基礎控除はご承知の通り現時点では、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数です。
boysglass様のご懸念はこの段階でなくなるものと考えます。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

boysglassさん

早速のご回答ありがとうございます

2009/08/19 20:50 固定リンク

こんにちは。早速のご回答ありがとうございます。
やはりその計算で正しいのですね。
死亡退職金の非課税限度額など、
どれが「課税価格」でどれが「遺産課税価格」なのかがあいまいでした。ありがとうございました。

boysglassさん (千葉県/25歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

亡夫の保険金の受取人が義父母の場合 hira3632さん  2013-01-14 01:14 回答3件
遺産相続 百合子さん  2008-01-29 18:32 回答2件
遺産相続について 雪乃さん  2007-12-01 22:08 回答2件
夫婦間の口座移動に贈与税がかかるの? smile31さん  2015-03-29 02:44 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談

相続対策・不動産に関する無料相談(東京事務所)

相続・不動産専門の独立系コンサルティング事務所「フジ総合グループ」です。何でもお気軽にご相談下さい。

藤宮 浩

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

藤宮 浩

(不動産コンサルタント)