起業資金調達 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業資金調達

法人・ビジネス 独立開業 2007/04/24 17:48

飲食店を開業したいと考えています。会社は日本に創るのですが、店舗は海外を考えています。国金に相談したら海外店舗は受け付けられないと断られました。何か方法がありますか?よろしくお願い致します。

viperさん

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

「新規事業」×「海外」のビハインド

2007/04/24 23:05 詳細リンク
(5.0)

viperさん、ご質問ありがとうございます。 後藤がお答えします、どうぞよろしくお願いします。

viperさんの事業の概要など詳しいご事情をうかがい知ることができず一概には申し上げられませんが、残念ながら、結論から申し上げるとviperさんのケースで起業資金の調達を(現地 [海外] を含め)金融機関に求めることは非常に難しいと思われます。

まず ''新規事業'' に対する融資であるということで、(返済)実績のないことから「貸し手」側から見るとそれ自体が「リスク」であり、さらにviperさんがお考えの店舗展開のベースが ''海外'' という「貸し手」側の与信管理上の物理的な弊害もあいまって、すでにご相談された「国民金融公庫」がハイリスクを嫌気し「対応不可」という回答になっているものとうかがえます。

民間金融機関と比べ、制度の趣旨・公共性といった側面から新規事業に比較的フレンドリーな融資姿勢の「国民金融公庫」が「貸さない」ということですから、事実上金融機関からの借入は困難と言わざるをえないでしょう。

ただビジネスの舞台が「海外」ということそれ自体で融資が引き出せないわけではありません。 例えばviperさんにすでに何らかの事業運営実績があり、国内でいくつかの店舗を展開されていて、「次は海外で出店」ということであれば金融機関の与信上、viperさんの国内の事業実績や資産、ノウハウや優秀な人材などが担保として考慮され融資の交渉余地は充分でてくると考えられます。

ここではいわゆる間接金融(銀行や国金などの公的金融機関等)からの資金調達可能性に焦点をあて、誌面の制約上、ベンチャーキャピタルや個人的な出資などのソースについては触れませんでしたが、後者の場合であっても事業の新規性や革新性など貸し手(投資家)にとって説得力のある魅力的なビジネスプランの提示が大前提となることは言うまでもありません。

補足

調達額にもよると思いますが、直接金融(社債発行など)はもともと選択肢とはなりえず、上のとおり間接金融の道も閉ざされた現状、「ベンチャーキャピタル」の活用など別ソースでの「出資」を募る方向を模索することになるかと思われます。 この場合もやはり「ビジネスプラン」次第ということになります。 また、ベンチャーキャピタルの場合、出資により投資家に「株式」を割り当てるケースが多く、よってviperさんの事業の運営に対し投資家が一定のキャスティングボードを握ることになります。
資本市場の原理の即した投資家との間の利害調整や経営権の問題が発生するという金融機関からの借入とは違った制約があることにも留意が必要です。

また、水津先生アドバイスの海外向けの新規事業支援団体からのアプローチも何か突破口が見つかるかもしれずトライされてはいかがでしょう?

私の方からは一般論としてのご回答となってしまいましたが、その他ご不明な点がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。



*◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆
''Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所'' / http://www.ysp-sharoshi.jp

評価・お礼

viperさん

さっそくのアドバイスありがとうございました。とても参考になりました。ビジネスプランはしっかり作っています。当初日本での出店を考えていましたが、プラン作りの中で日本と海外(中国)を比較するとどうしても海外の方が利益率が高く魅力的でした。海外での生活も長くある程度カントリーリスクわかっています。商工会議所の起業支援に相談しようと思います。

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

viperさん

海外進出融資について

2007/04/25 09:04 固定リンク

さっそくのアドバイスありがとうございました。
出店は初めてですが、日本と比較し利益率を考えると、どうしても海外(中国です)の方が魅力的です。起業支援といっても利用するのは難しいようですね。

viperさん

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

開業について cuireさん  2016-05-30 03:33 回答1件
起業に関して a-tuさん  2011-07-11 11:11 回答1件
海外在住で日本向けネットショップ開業 sae-chanさん  2013-01-12 11:20 回答1件
個人事業の事業主について panさん  2012-11-11 13:19 回答1件
喫茶店とネイルサロン みんたさん  2012-02-13 02:52 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)