産休明けの社会保険料について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

産休明けの社会保険料について

マネー 年金・社会保険 2008/05/21 22:00

お世話になっています。

この度妊娠しまして、
9月から産休予定のまるぶひと申します。

幸い勤務先が産休明けは週3日は在宅業務をさせてくれるとのことなので、育休を取る予定はありません。
週2日は出勤予定ですが、時短勤務の予定です。

会社側がすごく融通を利かせてくださっているのはありがたいのですが、私が産休・在宅、時短第1号で手続きなど分かっていないようです。

産休中の手続きは調べたので、私から会社に言えば良いのですが、問題は産休明けです。

産休後も契約は正社員ですが、給与は時短分は減ります。
私の希望勤務時間から換算すると、
正社員時の60%〜65%の勤務時間になりそうです。
この場合、社会保険は適用されないと思いますので、
旦那の扶養に入った方が
税金面ではお得なのかとも思いますが、
正社員で扶養にはいるなど聞いたことはありません。

扶養に入るとなると社会保険の手続きもしないとしないといけないのですが、育休や時短中は、社会保険料を免除してもらえる話も聞きました。
免除分も将来上乗せしてもらえると聞いたのですが合っていますでしょうか。
それでしたら、扶養に入らないで免除してもらった方が良いかとも思います。

一体私は扶養にはいるのと、入らないで免除をしてmぽらえるのとどちらが良いのでしょうか。。

ご多用の所恐れ入ります。
ご回答をいただければ幸いです。

宜しくお願いいたします。

まるぶひさん ( 東京都 / 女性 / 25歳 )

回答:2件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

産休明けの件

2008/05/23 16:02 詳細リンク

まるぶひ様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご相談の件ですが、社会保険は、会社側でOKであれば、時短勤務でも加入はできます。ただし、年収130万未満になりそうであれば、旦那様の扶養に入るのもひとつの方法ですね。

また、育休を取る予定はないとのことですが、育休を取る場合は、会社の社会保険に加入しつつ、保険料の免除を受けられる場合があります。さらに、雇用保険の制度から育児休業給付を受けられる場合があります。

詳しい手続き等は、会社の総務担当の方を通じて、社会保険事務所、ハローワークなどに確認してもらうと良いでしょう。

それから、扶養に入ると、税金面でお得かどうかは、ご本人と旦那様の収入金額等がわからないと、わかりません。

ちなみに、私の事務所では、社会保険労務士や税理士など、その道のスペシャリストとのネットワークもあります。

FP事務所の多い、都内にお住まいのようですので、身近な家計のホームドクターとして、独立系のFPを味方につけておくこともぜひご検討ください。何か困ったことがあった時に、まるぶひ家の事情を十分に理解した上での適切なアドバイスがもらえるはずです。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


産休明けの社会保険料について

2008/05/24 11:00 詳細リンク

はじめまして、まるぶひ様。
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの牛尾理です。

正社員を続けられるのですから、扶養には入らずに、ご自身で社会保険に加入される方がメリットは大きいでしょう。一旦正社員を外れると復帰するのは困難な場合が多いですから。

勤務時間が短くなり4分の3要件を満たさなくなるかもしれませんが、それも一時的なことでしょうし、会社が社会保険加入に難色を示さないのであれば、継続して加入されるのがよいでしょう。

育児・介護休業法に基づく育児休業制度を利用する場合は、事業主の申し出により社会保険料は免除されます。免除ですので、標準報酬月額は変わらず、将来の年金額にも影響はありません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

税金全般について RANKOさん  2012-12-09 12:10 回答1件
震災による自宅待機 yukki-mamaさん  2011-03-28 12:45 回答1件
出産手当金について教えてください。 ininさん  2010-11-25 11:41 回答1件
4分の3ルール yasuhideさん  2010-11-23 16:23 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)