内装工事の減価償却年数を教えて下さい。 - 会計・経理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

内装工事の減価償却年数を教えて下さい。

法人・ビジネス 会計・経理 2008/04/05 11:31

現在、企業向け社員寮(築30年強)を改装し、高齢者向け賃貸アパートとして貸し出すことを考えております。
改装費用を銀行から借入れする為、事業計画書を作成中ですが、内装工事代金の減価償却における取り扱いがわかりません。
改装工事は3,000万円程かかる為、金額・使途からみて修繕費ではなく明らかに資本的支出に
該当すると思われます。
改装工事費は大きく分けて内装工事費(解体工事、間仕切り工事、表面仕上げ等)と付帯設備(空調、照明機器等)に分かれます。

以上の内容から以下3点を教えて下さい。
?定額法or定率法?
?償却年数
?内装工事費と付帯設備は分離して計算する必要があるのか?

宜しくお願い致します。

うのっくすさん ( 大阪府 / 男性 / 33歳 )

回答:1件

中村 亨

中村 亨
公認会計士

33 good

内装工事の減価償却年数を教えて下さい。

2008/04/09 14:14 詳細リンク

ご質問ありがとうございます。回答は次の通りです。
1.内装工事と付帯設備(空調、照明機器等)は区分する必要があります。
これは内装工事については建物として、付帯設備については建物附属設備として減価償却を行わなければなりません。
建物は定額法で、個人であれば建物附属設備も定額法(届出により定率法も選択可能)で行うのが原則であり、償却率や償却方法が異なるため区分する必要があるのです。
なお、固定資産を区分して計上するのは意外に煩雑であり、見積書を参考に内装工事と付帯設備のうち空調、照明機器、電気工事、ガス工事などに区分するのが一番簡単ではないでしょうか。
2.償却年数
内装工事は建物の耐用年数にあわせる必要があります。従いまして、例えば鉄筋鉄骨コンクリートでは47年(0.022)の耐用年数になり、付帯設備につきましては通常は15年(定額法0.067 定率法0.167)となるでしょう。
3.上記1.の通りです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

うのっくすさん

内装の耐用年数

2008/04/11 10:18 固定リンク

非常に明確でわかりやすいご回答ありがとうございました。
1点だけ質問なのですが、
『内装工事は建物の耐用年数にあわせる必要あり』とのことですが、今回の建物は木造(居住用)で通常、法定耐用年数は22年だと思うのですが、既に築30年を経過しております。
この場合でも経過年数に関係なく、ご教授の通り単純に法定耐用年数22年で償却すると考えてよいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

うのっくすさん (大阪府/33歳/男性)

(現在のポイント:77pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主 帳簿について HANAはなさん  2010-01-12 15:10 回答1件
店舗備品修理費用について りんご28さん  2015-10-15 17:07 回答1件
開業費 くろかずさん  2013-11-14 15:05 回答1件
これは経費になりますか? 小咲さん  2009-02-02 22:12 回答1件
私同士の車のリース契約、経費になりますか? ウイットフルさん  2008-12-02 09:41 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)