肩の温め方 - マッサージ・手技療法 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

肩の温め方

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2008/03/20 18:15

病院で腱板上腕骨頭付着部炎症と診断されました。
いつからこの部位が炎症を起こしたかははっきりとわかりませんが、今まで三年間痛みが続いていました。
腱板のストレッチの仕方や筋力トレーニングの仕方は教わりましたが、肩を温めるのも効果的なのでしょうか。恥ずかしながら、金銭的に余裕が無いため、家にあるものでいい肩の温め方がありましたら教えてください。

雪山さん ( 埼玉県 / 女性 / 30歳 )

回答:2件


最も単純な物で

2008/03/20 23:26 詳細リンク
(4.0)

最も単純な物で言うと、
体温を逃がさないと言うのが最も良いかもしれません。

単純に肩周囲に、タオルを「優しく」巻くと、空気が暖まったままになります。それが保温になりますので、その上から、ウインドブレーカーのようなビニール製の衣服を着ると、暖かい状態が持続します。

その他、常温以下の食物を食べないなどをする事が肝心です。

積極的に温める方法を考えましたが、肩と言う形状の関係で難しそうです。

その他、肩を回す動作や団扇をあおぐような、肩を捻る動作を控えるようにして下さい。

ご参考になれば幸いです。

評価・お礼

雪山さん

ありがとうございました。食事も気をつけてみます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


肩の痛みの予防に

2008/03/21 16:24 詳細リンク
(4.0)

ご質問の件、確かに肩を冷やさないようにするのも、
状態を悪化させないことの一つだと思います。

その場合、肩自体もそうですが、これから、
春から夏にかけて暖かくなる季節でもあり、
女性は、襟ぐりの開いた服を着ることが多いと思います。

首すじを冷やさないようにすることも、気をつけて下さい。

最近は、色んな素材のスカーフもありますので、
合うものを何気なく、巻いておかれると良いと思います。

また、このような炎症は、姿勢で言うと、
肩が内に丸まっているような状態で、生じやすくなります。

もし、知らず知らずに、そのような姿勢になっているようでしたら、
より背中側(左右の肩甲骨の間)を使うよう
意識されると、今後の再発を予防できます。

左右の肩甲骨を中央に寄せるような感じです。

背中側の筋力も使ってあげることで、
肩への負担が、かなり軽減します。

評価・お礼

雪山さん

ありがとうございました。
スカーフはたくさん持っているので、楽しんでやってみます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

反復性肩関節脱臼 norio24さん  2012-07-08 12:43 回答1件
頭痛から始まった首の痛みと息苦しさ ヒデボーンさん  2011-07-24 10:49 回答2件
首の痛みがもうずっとあります reira0430さん  2010-03-27 06:06 回答2件
右足の痛み ケロリさん  2010-01-30 22:06 回答1件
鍼治療後、上腕が痛む ykms01さん  2009-09-28 11:26 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

「ベビー待ち」風呂科学的治療法でお手伝い! 

「卵修復」と「着床の窓改善」を行い最高のコンディションにして最大限確率を高めます

奈良 修次

ナラ鍼灸院

奈良 修次

(鍼灸師 臨床検査技師)

田尻 健二

心理カウンセラー・産業カウンセラー・夢分析家

田尻 健二

(心理カウンセラー)

電話相談

【電話カウンセリング】 60分コース

きっと新しい自分に会えるはず!ひとりで悩まないで、いっしょに考えてみませんか?

杉本 まき

セラピー&カウンセリング はぁとすとりんぐす

杉本 まき

(心理カウンセラー)

メール相談 メール相談
吉本 彰夫
(歯科医師)