給料について - 税金 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

給料について

マネー 税金 2008/03/15 14:54

主人の給料が今年4月から年俸制になり、年収600万を単純に12ヶ月で割った金額を貰うのと、年2回のボーナス合わせて100万、残り500万を12ヶ月で割った金額を貰うのとでは税金などの関係で手元に残る金額は変わってくるのでしょうか?
また将来的受け取る退職金や、最低年収600万保障ですので今後給料は上がっていきます。この事も踏まえるとどちらが最適でしょうか?
漠然としていますが、解る範囲で回答お願いします。

白くまさんさん ( 埼玉県 / 女性 / 31歳 )

回答:1件


支給形態にかかわらず同じです

2008/03/16 17:50 詳細リンク

こんにちは 白くまさん。

コンサルタントの若宮光司です。

従来のボーナス2回支給であっても年報制で12分割であっても原則、年間を通じた手取り額は変わりません。(年の途中に昇給、減給があると多少変化があります)

以前は、賞与に対して社会保険料が掛からなかった時がありましたが、今は賞与にも毎月の給与と同じ率で社会保険料がかかります。
(賞与の比率を極端に上げると変化しますが、これは現実味がありません)

所得税は、毎月もしくは賞与の時に概算で税額を計算し天引きされますが12月最後の支給日に年間支給額の合計に基づいて年末調整とい作業で所得税額を確定しますので支給形態がどのようであろうと税額は同じです。

住民税は、前年の所得に対して課税され、その計算の基礎は年末調整の時に作成される給与支給報告書によります。
なので住民税も支給形態に左右されることなく同額となるのです。

賞与がなくなった分、月々に反映させてくれているので賞与分を毎月コツコツ貯めていくようにしましょう。
給与が振り込まれる通帳から自動引き落としされていく仕組みが一番確実に貯まる方法だと思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

年末調整のやり直しについて 豆乳さん  2008-03-13 11:45 回答1件
年収1,000万以上になった場合の税金について はなよさん  2007-11-30 22:36 回答1件
追徴課税 すなすなさん  2015-12-15 22:14 回答1件
解雇予告手当の支給について fuku8790さん  2011-01-18 15:48 回答1件
結婚退職した妻の市民税と所得税について サムライ39さん  2010-06-02 19:15 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

たったの30分!安心、らくらく、住宅ローン控除申請代行

サラリーマンの方へ。面倒な確定申告を税理士に任せませんか。余った時間は仕事や家族サービスに。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

安心、らくらく、ストックオプション確定申告代行

ストックオプション。確定申告しないと最悪懲役刑や罰金が科せられます。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)