支給形態にかかわらず同じです - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

支給形態にかかわらず同じです

2008/03/16 17:50

こんにちは 白くまさん。

コンサルタントの若宮光司です。

従来のボーナス2回支給であっても年報制で12分割であっても原則、年間を通じた手取り額は変わりません。(年の途中に昇給、減給があると多少変化があります)

以前は、賞与に対して社会保険料が掛からなかった時がありましたが、今は賞与にも毎月の給与と同じ率で社会保険料がかかります。
(賞与の比率を極端に上げると変化しますが、これは現実味がありません)

所得税は、毎月もしくは賞与の時に概算で税額を計算し天引きされますが12月最後の支給日に年間支給額の合計に基づいて年末調整とい作業で所得税額を確定しますので支給形態がどのようであろうと税額は同じです。

住民税は、前年の所得に対して課税され、その計算の基礎は年末調整の時に作成される給与支給報告書によります。
なので住民税も支給形態に左右されることなく同額となるのです。

賞与がなくなった分、月々に反映させてくれているので賞与分を毎月コツコツ貯めていくようにしましょう。
給与が振り込まれる通帳から自動引き落としされていく仕組みが一番確実に貯まる方法だと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

給料について

マネー 税金 2008/03/15 14:54

主人の給料が今年4月から年俸制になり、年収600万を単純に12ヶ月で割った金額を貰うのと、年2回のボーナス合わせて100万、残り500万を12ヶ月で割った金額を貰うのとでは税金などの関係で手元に残る金額は… [続きを読む]

白くまさんさん (埼玉県/31歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

年末調整のやり直しについて 豆乳さん  2008-03-13 11:45 回答1件
年収1,000万以上になった場合の税金について はなよさん  2007-11-30 22:36 回答1件
追徴課税 すなすなさん  2015-12-15 22:14 回答1件
解雇予告手当の支給について fuku8790さん  2011-01-18 15:48 回答1件
結婚退職した妻の市民税と所得税について サムライ39さん  2010-06-02 19:15 回答2件