世界統一通貨についての私見 - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

4 good

世界統一通貨についての私見

2010/02/19 23:10

mskw 様

初めまして、ライフ・プランの実現と資産運用を支援するオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

世界統一通貨の成立までに様々な難関があります。その難関を越えることの難しさがデメリットに繋がります。

私見ですが、困難さは下記の4点に集約され、その裏返しがデメリットに繋がります。

1.通貨を統一しますと、発行体が必要になります。
世界政府のような機関が必要になりますが、各国と各地域の金融政策の整合がとれず、地域間格差が広がります。現にユーロ圏でも、良いことばかりではありません。経済が順調に発展している間は、矛盾が出ませんでしたが、今回の危機対応のようなケースでは、各国の経済回復に格差が広がり、PIIGS各国の離脱さえ真面目に議論がなされています。良いことばかりではないのです。

2.上記発行体の通貨政策の統一性が取れません。
各国、各地域の経済発展が、規模・スピードなどが異なり、通貨を統一した場合には、その国の通貨がありませんから、通貨による購買力平価の調整ができません。これが、各国・各地域の格差拡大に繋がります。(経済力が強い国はより強く、脆弱な国はより脆弱になります)
従いまして、環境問題を議論したCOP15のように、政策が纏らない(不在)通貨になります。

3.発行量の決定が出来ません。

通貨の量は需要と供給のバランスで成り立っています。世界経済のインフレにあわせて通貨量を調整するのですが、大変な困難さが生じるものと思われます。これを行うための機能を構築するには莫大なコストかかるものと思われます。経済に対する負担が大きくなりそうです。

補足

4.各国の通貨が統一通貨に移行する際の基準を、世界中の国がクリアーしなければなりません。

例えば財政規律などです。日本は今話題になっているギリシアより、GDPに対する国債の発行額=負債が大きいのです。このため統一通貨への切り替えには、大きな痛み(財政規律を護るための緊縮財政など)を受け入れなければ為りません。
これを世界全体が受け入れる・受け入れた後は維持するための痛みに耐えられるとは思えません⇒1に書きました格差に繋がります。

5.世界統一通貨よりも、国際通貨期間(IMF)のSDR(特別引出権)でドル・ポンド・ユーロ・円の通貨バスケットように、各国の通貨準備を保管する制度を充実することが、統一通貨としての機能が果たせるのではないかと、私は考えます。

なお、IMF日本事務所のホームページにSDRの定義や目的等が掲載されています。

宜しければ下記をご一読ください。
特別引出権(SDR)
http://www.imf.org/external/np/exr/facts/jpn/sdrj.htm

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

世界の通貨が統一したら

マネー 投資相談 2010/02/19 21:14

最近、私は世界の経済に興味を持っており、とくに通貨に興味があります。
通貨について調べていた際、欧州単一通貨「ユーロ」を見てふと思ったのですが、もし、今の世界が通貨を統一するとしたら、世界の経済… [続きを読む]

mskwさん (東京都/16歳/男性)

このQ&Aの回答

想像力を働かせましょう 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2010/02/20 18:22

このQ&Aに類似したQ&A