実態が借入なら贈与税は発生しません。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

実態が借入なら贈与税は発生しません。

2009/09/01 13:48

 借入が事実であり、金銭消費貸借契約書通りに元本及び金利の支払いを実行されているのであれば、当該取引について贈与税が課税されることはありません。

 お母様より事業資金の借入れをおこなうとのことですが、実態は贈与だが、形式的に借入れとして金銭消費貸借契約書を結んでいるのであれば、当該借入元本及び利息相当額は贈与として贈与税が課税されます。
 なお、利息の支払いについてですが、あまりにも低利であれば、適正金利との差額部分については、利益の享受として贈与税が課税される可能性もございます。

 いずれに致しましても親族間での貸し借りについては、当該取引が事実に即しているかどうかの判断が判りづらいので、形式的な部分にはなりますが、金銭消費貸借契約書の整備(返済期間、返済額、及び金利等)をしっかり行い、それに基づき返済を行うことが必要になります。

 いい加減だと判断された場合には贈与とみなされる可能性がありますのでご注意下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

贈与税について。

マネー 税金 2009/08/27 18:31

無知な私に専門家の方の力を貸してください。

妻が美容院を経営することとなりました。そこで妻の母親から1000万円を借りました。ここで質問なのですが。借用書を交え、今年の5月に借用、返済期間は10年、… [続きを読む]

yuyaさん (愛知県/27歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

結婚後の住宅ローン控除について ウォッカちゃんさん  2012-11-14 00:12 回答1件
住宅購入資金の贈与税 popo21さん  2009-03-16 12:43 回答1件
住宅の買い替えについて あゆじいさん  2008-04-15 14:07 回答1件
親族間の賃貸、家賃収入 TKNNさん  2016-09-17 21:40 回答1件
贈与税について yoshito_22さん  2015-12-11 07:27 回答1件