原則、年内の売上はその年で計上します - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

原則、年内の売上はその年で計上します

2009/01/03 11:17
(
5.0
)

確定申告の決算、新年早々お疲れ様です!
私も年末年始にやろうと思っていましたが、なかなかお仕事が入ってきたりでまだできずにいますが、早々と決算、すばらしいです。
12月25日〜1月5日までの売上、の入金が1月にあった場合、ということですが、
会計の原則では「発生主義」、といいまして、たとえば商品を販売する、というご商売の場合には、商品の引き渡しが年内に終わったもの、は、たとえ年内に入金していなくても、その年の売上とする、という考え方です。
12月31日までに納品していない取引は、翌年の売り上げ計上にするわけです。
しかし、個人事業など小規模な事業で、会計の理屈どおりの記帳はむずかしいので、「現金主義」といいまして、現金の回収によって、売上を計上する方法も認められています。
この方法の場合には、お尋ねの場合には、1月に入金ということですので、翌年(今年)の売上として計上することになります。
いずれの方法でもいいのですが、大事なのは継続的に採用することです。ある年は現金主義、ある年は発生主義、で、記帳の方針を変えることは認められません。
したがって、継続性の立場から、上の2つの経理方法はあることはあるのですが、昨年の申告の際に採用した方法と同じ方法で計上・経理処理する、ということになりますね。
当然ながら
(借方)売掛金   (貸方)売上  
という経理方法で、12月31日までの売上について計上するのは、上の「発生主義」の経理処理で非常に適切な経理方法です。税務上まったく問題ありません。
大事な点は、毎年同じ方法を継続すること、です。
頑張ってください!

評価・お礼

小春日和 さん

大変よく理解できました。
ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

年またぎの記帳について。

法人・ビジネス 会計・経理 2009/01/03 10:49

12月25日〜1月5日までの売上げが、1月に入金された場合は、その時点でどのように記帳すればよいのですか?
また、12月25日〜31日分売上げの記帳は、未入金なので、12月31日付けで売掛金として記帳すればよいのですか?
確定申告で悩んでいます。
よろしくお願いします。

小春日和さん (茨城県/32歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

帳簿の基本的な付け方について oonaoさん  2012-10-07 10:29 回答1件
記帳方法 悩める施主さん  2009-07-04 10:40 回答2件
外貨の取り扱いについて とみーあずさん  2008-01-27 11:49 回答1件
ハンドメイド販売の仕訳について cocolさん  2016-02-03 13:29 回答1件