アリ対策もお忘れなく - 斉藤 進一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

アリ対策もお忘れなく

2008/07/04 17:02

こんにちは

以前、防水工事のし直しなどのご経験をされておられると「これも瑕疵?」と心配してしまいますよね。。

文面から「掃きだしの窓枠下と同じ高さで、床から1センチほど上部に壁にスキマがある」とのことですが、構造上は心配ないと思われます。

床フローリングと壁石膏ボードの接続部のスキマだと思いますが、1センチの施工誤差は会社ごとに基準が違いますのでなんとも言えません。。

構造上、床を支える「土台」「大引き」「根太」と「柱」「筋交い」が家を支える部分ですので、フローリングと壁石膏ボードは仕上げ材とお考え頂ければと思います。

一方で、ほのゆいさん宅の施工法が「筋交い」を使用する工法でなく「耐震壁として構造用合板」を使用されている場合は注意が必要です。

外壁側と内壁側両方に構造用合板を使用して耐震の壁倍率を高める場合があり、その壁のスキマだとしたら問題があります。(JIOの構造検査を合格されているので「筋交い」工法だと思いますが)

専門用語を並べてしまい分りにくい説明になって恐縮ですが、「筋交い」か「構造用合板の壁」かだけでもご確認されることをオススメ致します。

アリも一度「蟻道」をつくられると厄介ですので、アリの巣退治をお忘れなく(^^)

ご参考まで


やすらぎ介護福祉設計 斎藤

補足

アリがやってくる源が、外部の地中からなのか家の下部からなのかも気になりました。
布基礎なら住宅下部からで、ベタ基礎なら外部からと一概に言えませんのでこの機会に床下の状態もご確認されてはいかがでしょうか。

回答専門家

斉藤 進一
斉藤 進一
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

欠陥住宅なのでしょうか。。。

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/07/04 15:37

ご相談させて頂きたくよろしくお願い致します。
 春を過ぎた頃から、室内でアリを見かけるようになり、気にはしていたのですが、特に原因を探したりしておりませんでした。
 ところが、ここ数日で多… [続きを読む]

ほのゆいさん (東京都/28歳/女性)

このQ&Aの回答

欠陥住宅 の定義について 横山 彰人(建築家) 2008/08/15 23:19

このQ&Aに類似したQ&A

一戸建て2Fベランダ支え部分からの雨水侵入 shin_shinさん  2012-06-06 23:38 回答1件
築15年の木造3階建 風で揺れるのを解消したい FUJIもんさん  2014-01-09 14:00 回答1件
耐震等級3に向けた基礎の仕様変更 概算費用 くしろさん  2011-12-05 01:26 回答2件
使用する材木の太さについて ryourouさん  2010-09-07 13:56 回答2件
RC住宅のアメ二ティ度について インテリア好きさん  2009-11-04 14:35 回答3件