保険の見直しの際の独身の方のケースについて - 照井 博美 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

1 good

保険の見直しの際の独身の方のケースについて

2008/05/27 14:22

ゆうゆうさん、はじめまして、ファイナンシャルプランナーの照井博美と申します。

通常、独身の方の場合は、ご自身の医療の保障や、自宅療養などのケースに備えた
長期療養についての保障、死亡保障を考えるとしても整理資金(お葬式代程度)
の保障があればよいのでは、というアドバイスをすることが多いです。

ご家庭の事情により、ゆうゆうさんの収入が家計を支えているということを
考慮したとしても、5千万円は多いのでは、というのが正直な感想です。

30代・40代の方の保険の見直しや資産運用などの相談を受けるケースが多い
ですが、少子高齢化に伴い、今後の国の財政状況を考えたとき、親御さんの世代よりも、
ゆうゆうさんの世代のほうが、収めた保険料に比べて実際老後に受け取る年金の
額の割合が少なくなってくる世代間の格差を考えてみても、年代が若くなればなるほど、
ご自身が生きていくための資金をしっかりと準備する必要があると日々感じています。

うまくお母様に理解していただけるとよいのですが、難しいのでしょうか。
ゆうゆうさんの収入を、今後のご自身の人生を有意義にするために使えることを
お祈りしています。

回答専門家

照井 博美
照井 博美
( 岐阜県 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスシノワ
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。ご家族が思い通りに人生を送れるように、お客様の価値観・思いをまずしっかり聞き取ることを一番大切にしています。 人生の良き伴走者としてのFPを目指します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

30代独身女性会社員の生命保険

マネー 生命保険・医療保険 2008/05/27 12:53

現在30代前半の女性会社員、職種は技術職です。
実家にて、両親と同居。
実家には月10万の生活費を入れております。(月収の1/3を家に入れると就職時に誓約書を作成しました)

現在、アフラックの… [続きを読む]

ゆぅゆぅさん

このQ&Aの回答

生命保険について 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/27 13:49
保険について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/27 15:05
生保加入の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/27 19:56
常識ではありません 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/27 13:45
回答申し上げます 大関 浩伸(保険アドバイザー) 2008/05/27 14:17
難しい問題だと思います。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/05/27 17:50
独身者の保険について 笹島 隆博(医療経営コンサルタント) 2008/05/29 08:32

このQ&Aに類似したQ&A

死亡保障は定期保険か終身保険か? oji123さん  2009-04-16 22:25 回答6件
生命保険について こりんりんさん  2012-06-10 01:04 回答1件
夫婦二人の保険見直し レグルスさん  2015-02-12 20:42 回答3件
生命保険の見直し monmon1206さん  2013-07-04 02:05 回答1件
生命保険は本当に必要だと思いますか? G-SHOCKさん  2012-09-12 13:30 回答2件