扶養親族の選び方 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養親族の選び方

2007/01/22 19:44
(
4.0
)

ゆきかなさん、こんにちは。

ゆきかなさんが、ご家族のうち任意の方(ひとりでも複数でも)を扶養することは可能です。ただし、その場合には、ゆきかなさんが扶養した方は、ご主人の扶養には入れません。扶養親族一人につき38万円の所得控除を受けることができる。というのが基本です。誰を扶養するかはまったく自由なので、ご夫婦でよく話し合って決めてください。

なお、ご夫婦の収入が同程度であれば、扶養家族もできるだけ均等に分けて扶養の扱いにされるのが、税務上有利です。もし、ご主人のほうが所得がかなり高いのであれば、全員をご主人の扶養にするほうが、有利になる可能性もありますので、よくご検討ください。年収ベースで、ご主人のほうが奥様よりも228万円以上多ければ(差があれば)、全員ご主人の扶養にしたほうが得だと思います。

以上
よろしくお願いします。

評価・お礼

ゆきかな さん

わかりやすい回答をありがとうございます。年収をもう一度見直して、よく検討します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

こんにちは。主人と私、中二、小6、小4、小2、主人の父、母、という家族構成です。今度家を建てるので、主人の扶養をはずれるまで働きたいのですが、私が扶養を外れた場合、私が誰かを扶養することは可能ですか?もし出来るとすれば誰を扶養すれば良いのでしょう。

ゆきかなさん (兵庫県/42歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

親族間の賃貸、家賃収入 TKNNさん  2016-09-17 21:40 回答1件
扶養家族 ちゃんみぃさん  2016-08-28 22:46 回答1件
共働きの扶養家族。 あやminさん  2016-07-26 19:48 回答1件
雑所得の必要経費と扶養について 税は難しいさん  2016-03-04 11:56 回答1件