差し歯の種類と特徴 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

差し歯の種類と特徴

2007/01/30 13:08

転倒や外傷による歯の破折は、日常生活のなかで起こりやすいことです。前歯は発音や発声、食べること、などの機能性だけでなく審美性(つまり見た目のこと)にも関係しますので、ご自身が望まれる治療を充分理解する必要がありますね。
 差し歯の素材については、まず土台から考えましょう。
1、金属の土台は、保険適応の場合、銀合金が主なものとなります。(金が12%の金銀パラジウム合金が主。) 保険適応外の場合、金合金などの腐食しにくい材質が多く用いられますが、最近では金属の腐食の観点からメタルフリーが注目されています。
2、金属でない土台は、材料の開発に伴い、レジン(プラスチック)を用いた土台、ファイバー素材を用いたもの、セラミック素材、等があり歯茎の黒ずみ(ブラックライン)や金属アレルギーに有効と考えられます。
さて、俗に差し歯と呼ばれる、クラウンには、
1、保険適応は、銀合金の上にレジン(プラスチック)をはりつけた硬質レジン前装冠と全部プラスチックのレジン冠などがあります。耐久性や見栄えはよくない。費用は安価。
2、保険適応外(全国民皆保険というシステムは日本だけです)、すなわち先進国等の外国はこれが通常の治療ですね。
金合金の上に陶材(ポーセレン)を高温で焼き付けるクラウン、まあ、マイセンの陶磁器みたいに見た目、耐久性がよいが強い衝撃に弱いもの。
それを補う、オールセラミッククラウンという強度を増した新しい金属を使わないクラウン、さらに最近では、セルコンというジルコニアが90%のオールセラミッククラウン等があります。
何年ぐらい使いたいのか、費用との相談ですが、見た目(審美性)を大切にしたい方は、断然オールセラミックが現時点では、自然で美しい差し歯と言えるでしょう。おススメです。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

差し歯の種類、効果の違いは?

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2006/12/29 17:30

転倒して前歯が欠けてしまい、差し歯を入れることを検討しています。差し歯には、セラミックや金属など様々な種類があると思いますが、それぞれどう違いがあるのでしょうか? 効果の違い、持ち期間、費用… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

前歯の差し歯の種類と費用(料金)について 山内 浩司(歯科医師) 2007/02/05 09:53

このQ&Aに類似したQ&A

入れ歯はどのくらい持つの? 専門家プロファイルさん  2006-12-29 17:30 回答1件
前歯の虫歯について質問です。 テルキさん  2009-11-06 13:04 回答2件
子供の歯にフッ素治療をすると、虫歯にならない? 専門家プロファイルさん  2008-08-28 10:09 回答5件
痛みのない虫歯治療について 専門家プロファイルさん  2008-01-31 19:10 回答1件