何か不安材料でもありますか? - 菅野 庸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の病気・カウンセリング

何か不安材料でもありますか?

2007/12/09 22:33

生活に特に不安なことはないのだけれど、なぜか動悸がしたり、不安になったりする方がいます。
もちろん、何に不安かと言われてもわからないという答えが来ます。
その場合には、一度は内科に行くことをお勧めします。
たぶん問題はないと思いますが、女性の喫煙はそれだけでも重大な問題になります。
ホルモンやリンパの流れも不規則になりがちで、もちろん動機の原因にもなります。
食事のバランスも、食事で補うべきで、サプリメントは成分によっては過剰摂取の危険性もあり、それで動機がする場合もあり、バランスよく食生活を送っているとは考えないでください。

一度は内科、問題がないと言われたら心療内科か、精神科を受診することです。

補足

当院のように外来初診時に血液検査や、希望者にはCTなど検査しています。
そういった感じで検査してくれる精神科でもまったく問題ありません。

たとえば、胃がもたれるなどの症状があって、さあ、血液検査だ、胃カメラだなど検査に一週間、二週間かけて行い、次にやっと異常がないので精神的なものの治療薬をだしましょうというのと、今回は精神的な治療薬を服用しながら症状軽快しない場合は内科も紹介しましょうというようにすぐに治療に入るのと、どちらがいいでしょうか。

私なら後者です。だって胃もたれがするのに治療せずにまず検査で様子で原因を見ましょうということはつらいです。これは大学病院のような大病院での私の経験です。心療内科や総合診療科は、往々にしてこのような場合が多いようです。すべての心療内科や内科がこうであると言うことではありません。

どちらがいいかどうかはご判断にお任せしますし、まずは、受診してその後の治療計画をお尋ねになることです。

回答専門家

菅野 庸
菅野 庸
( 宮城県 / 医師(精神科) )
医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「摂食障害の相談室」を運営中。無料でメール相談に応じます

精神障害を克服するには、生活の改善、人間関係の改善が欠かせません。「自分をどう変えていくか」。それは患者さんの努力や周りの協力も必要ですが、まずはメールにてご相談ください。当院は入院治療も、経験豊富な看護師、管理栄養士とともに行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

動悸?

心と体・医療健康 心の病気・カウンセリング 2007/12/09 22:21

半年くらい前から、時々心臓がパクパクする感覚を覚えるようになりました。
最近(2ヶ月以内)ではほぼ毎日、不規則にこの症状と、一瞬息苦しく感じたりもします。
専業主婦ですので、日常の家事で体を動かす他に、激しい運… [続きを読む]

ayako0504さん (愛媛県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

動悸、呼吸困難 茅野 分(医師(精神科)) 2007/12/09 22:47

このQ&Aに類似したQ&A

何の病気でしょうか…? rainbow428さん  2008-01-19 17:25 回答1件
躁鬱病と子供について はるそらさん  2010-02-07 10:24 回答1件
急 心配 toki66さん  2009-06-30 11:51 回答1件
どうすれば、良いのか。 ママレ−ドさん  2007-09-20 17:32 回答1件