控除対象親族の所得制限の判定で退職金は含めません。 - 柴田 博壽 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

控除対象親族の所得制限の判定で退職金は含めません。

2015/12/03 22:09

いちかわさん はじめまして
税理士の柴田博壽と申します。
大きくは、3つのご質問と解しました。順にお答えします。
(1)103万円の壁の意味について
これは、所得税法上の控除対象親族となれるための収入制限を意味します。
正確には、「所得金額が38万円」とという規定です。給与所得者は、最低でも65万円の給与所得控除が認められています。そうしますと38万円+65万円の算式で求められる103万円までは、控除対象となれるということです。よって、103万円は、収入があくまで給与所得に該当した場合にのみ当てはまります。
勤務の形態によっては、事業所得者に該当する人もいる訳です。仮にその方の収入が90万円であったとしても認められる必要経費が30万円ならば、所得金額は60万円となります。制限所得の38万円を超えてしまいます。よって、全てが収入103万円以内であったとしても控除対象とならない場合もありますので、留意した点です。
(2)臨時的な収入等について
課税される所得金額の基となる収入には、退職金などの臨時的なもの及び失業保険等は入りませんのでご安心ください。
(3)確定申告について
まず、27年分の確定申告は源泉徴収票を入手していれば1月4日以降はいつでも行うことができます。
2カ所以上からの給与収入がある人でも合計収入が150万円以内であれば確定申告が不要ですが、余計目に源泉所得税が差し引かれていても確定申告を行わなければ、所得税を還付してもらえませんのでご注意ください。
  ご参考になれば幸いです。
   柴田博壽税理士事務所 
    e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
   http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

所得控除
源泉徴収票
必要経費
確定申告

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
( 東京都 / 税理士 )
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

103万の壁について教えてください

マネー 税金 2015/11/11 20:43

1月まで正社員で働いておりました。
退職し、今年中にいくら分働けば、103万の壁に当たらないのか教えていただきたいです。
1月の収入 20万
退職金 40万
9月パート収入 4万
10月 パート収入 18万
11… [続きを読む]

いちかわさん (群馬県/28歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

退職金に掛かる税金について 焼肉太郎さん  2016-06-06 13:42 回答1件
急いでいます。。年金受給者の確定申告 カトリせんこさん  2016-02-23 12:36 回答1件
扶養内の働き方について ppこあらqqさん  2015-04-07 15:09 回答1件
貸主が所有しない不動産所得について 奈月さん  2015-11-24 00:19 回答1件