疎遠な親戚との遺産分割協議、準年金確定申告について - 田島 充 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

疎遠な親戚との遺産分割協議、準年金確定申告について

2015/09/07 14:02

お父様がお亡くなりになられたとのこと、お悔やみ申し上げます。
以下に、ご質問内容の整理とともに回答をさせていただきます。

【ご質問内容】
1 遺産分割協議の期限について
2 義兄様への手紙の添付書類について
3 年金の確定申告について
・回答する上での便宜により、質問の順番を前後しております。

【回答】

遺産分割協議そのものの時期については、いつまでにしなければならないという特定のルールはありません。被相続人が遺言で分割を禁止していない限り、相続人全員の同意があれば、いつでも自由に分割を請求することができます。協議がなされない間は、全ての相続財産について共有状態が続くことになります。かといって遺産分割協議を行わずに次世代、そのまた次世代へと長期にわたって相続手続きを放置してしまうと、闇雲に相続人が後の世代へと増え続けてしまい、より手続きが煩雑になってしまいますので、各世代できちんと整理(手続き)をしておくべきでしょう。

一方で、「相続放棄」や「限定承認」には期限があります。これらは原則として、「自己のために相続の開始があった時から三ヶ月以内」にしなければなりません(民法第915条第1項本文)ので、相続財産が債務超過(預金残高よりも借金の方が多いなど)の場合は、これらの手続きを期限内に行いましょう。

ちなみに今回の質問者様のケースでは問題ありませんが、被相続人(亡くなられた方)の配偶者が対象となる「配偶者の相続税の税額軽減」の適用は遺産分割協議の内容が前提となっているので、確定申告の時期との先後に注意が必要です。



疎遠な相続人への最初の手紙連絡として、財産目録は添付しない方が賢明でしょう。通帳の内容等は、重要な個人情報だからです。
なので、まずは
・お父様が亡くなられたこと
・相続人が先方を含め3名で確定していること
・相続財産の分配について話し合いを進める必要があること
を内容とする文書を、質問者様の連絡先を添えて、送付しましょう。
その後、先方から電話をいただいたうえで、財産等の詳細を説明することをおすすめします。

相続人の中には、慣れない相続手続きに焦るあまり、手続きを早く進めようといきなり協議書の捺印を迫ったり、実際の協議書を送ってしまう方もいらっしゃいますが、これは個人情報保護の観点からはもちろん、さらには先方を不快にさせてしまい、その後の話合いや交渉に悪影響を及ぼす可能性が高いので、連絡をとろうとする側に一定の配慮が必要になります。

・あくまでも、共同相続人全員が参加していない遺産分割協議は法律上全部無効の取扱いとなりますのでご注意ください。

仮に手筈を尽くしたとしても、共同相続人間に協議が調わないときや協議をすることができないときは、家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てることができます。
京都家庭裁判所「遺産分割手続案内:http://www.courts.go.jp/kyoto/saiban/katei/isan_bunkatu/



被相続人(亡くなられた方)の年金の確定申告は、本人が申告するわけではないので「準確定申告」といいます。

前提となる知識として、年金については現在「年金収入が400万以下で、かつ年金以外の所得が20万以下の方」は確定申告が不要となっています。これは、相続後4か月以内が期限の準確定申告でも同様ですので、上記の収入額・所得額の条件に当てはまれば、準確定申告は不要となります。

ただしこれは、申告しなくてもよいというだけで、申告してもかまいません。
お父様は年の途中で亡くなっているので、準確定申告をすることで、年金収入にもよりますが、源泉徴収されていた税金が戻ってくる可能性もあります。
一般的には、相続税がかかる方は相続税申告と一緒に税理士さんにお願いする場合が多いようですが、相続税がかからない方(おそらく質問者様はこちらにあたります)は、税理士さんに依頼すると還付金より税理士報酬が上回る可能性がありますので、税務署に必要書類を持参し、担当者と相談しながら準確定申告を進めるのがよいかと思います。尚、準確定申告書は相続人全員が署名押印する必要があります。
国税庁ホームページ「納税者が死亡した時の確定申告」:https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2022.htm


以上を私よりの回答とさせていただきます。
尚、質問欄にご記載のとおり、今件の相続人は、被相続人(亡父様)の子である姉妹2名及び義兄の計3名、義兄が既に他界していれば義兄の子3名が義兄を代襲することになります。

最後になりましたが、相続手続きの舵取りをすることは労力や神経を遣われることと思います。どうぞご自身の健康を大切になさってくださいね。
無事相続手続きが完了することを祈っております。

相続人
相続手続き
遺産
確定申告
相続

回答専門家

田島 充
田島 充
( 京都府 / 行政書士 )
行政書士四条烏丸法務事務所 所長
075-741-8178
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

京都の頼れる行政書士

元公務員としての経験を活かし、法と行政サービスを織り交ぜ、お客様それぞれに合った柔軟な対応をお約束致します。複雑困難を要する案件は勿論、身近なお困り事に至るまで、全力でサポート致します。是非、初回の無料相談で当事務所の雰囲気を感じて下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

亡父の生涯戸籍で初めて分かった義兄の存在

暮らしと法律 法律手続き・書類作成 2015/08/04 14:54

先般、実父が他界しました。父には1,200万円程度の有価証券があります。金融機関の依頼により生涯戸籍を取った所、一度結婚歴があり、息子が一人いる事が判明しました。(全く知らされてい… [続きを読む]

junjunjunjunさん (神奈川県/56歳/女性)

このQ&Aの回答

遺産分割協議には期限はありません。 高島 秀行(弁護士) 2015/08/05 10:46

このQ&Aに類似したQ&A

年末のお忙しいところ、すみません!お願いします。 Y/Yさん  2015-12-26 16:21 回答1件
未亡人との結婚について たゆりんさん  2015-11-04 20:12 回答1件
土地の名義について 茶太郎くんさん  2015-09-09 19:06 回答2件
この場合の遺産相続はどうなりますか? yuta1985さん  2015-02-21 16:05 回答2件