税務署は管轄地域以外の納税者に対する課税権はありません。 - 柴田 博壽 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税務署は管轄地域以外の納税者に対する課税権はありません。

2014/11/24 18:04

Bobbinさん はじめまして

税理士の柴田博壽と申します。

連絡のあった税務署に速やかに問い合わせることが先決です。

ここでは、次のような通常起こりえない事象が起きています。

1)今現在、税務署は平成20年分の所得金額に関係する質問を

することはありません。税金徴収上の時効となっているからです。

2)Bobbinさんの住所地の所轄がA税務署のとき、ご主人の会社

の所在地の所轄B税務署がBobbinさんの申告内容についての

是正をする権限を有していません。越権行為です。

3)「所得超過」という記述は、税法にはありませんし、税務署でも

「所得超過」という表現は用いません。より分かりやすい表現に努

めているからです。
 
いづれにしましてもBobbinさんの給与収入が103万円以上となって

いるとすれば、ご主人は、控除対象配偶者を外して確定申告が必要

ですし、Bobbinさんもまた、中途退職ですから確定申告が必要です。


    ご参考になれば幸いです。
   
    柴田博壽税理士事務所 
   
     e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
 
    http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

退職
確定申告

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
( 東京都 / 税理士 )
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

配偶者の所得超過について

マネー 税金 2014/11/24 12:30

主人の勤務先の給与課から配偶者である私の所得超過の通知(20年度分)が税務署から届いていて、所得超過であれば是正年調を行う必要があるという連絡がありました。20年度分の通知というのは今頃になって… [続きを読む]

Bobbinさん (神奈川県/57歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

独身・両親と同居、転勤後の住宅ローン控除について ねーむれすみやさん  2015-12-29 11:43 回答1件
雑所得の必要経費と扶養について 税は難しいさん  2016-03-04 11:56 回答1件
扶養内の働き方について ppこあらqqさん  2015-04-07 15:09 回答1件
子供の扶養について。 カピバラさん  2016-10-17 12:18 回答1件
確定申告が必要か否かを教えていただきたいです satoyamaさん  2016-10-17 13:38 回答1件