フリーランスの方が有利と考えられます。 - 小松 和弘 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

- good

フリーランスの方が有利と考えられます。

2015/02/05 19:26

daccanさん、こんにちは。

奥様が180万円のフリーランスで働くのと103万円以内のパートで働くのとでは、どちらが家計に有利かというご質問ですね。
ここではdaccanさんが企業にお勤めで厚生年金に加入している。加えて固定資産税を払っていないという前提で以下、お答え致します。

奥様の年間の収入が103万円以内の場合
1.税金
奥様の収入から給与所得控除と基礎控除が差し引かれ、課税所得は0となるため、奥様に所得税はかからず、配偶者控除も受けられます。

2.年金
奥様が第3号被保険者であれば、daccanさんの加入する年金制度が一括負担するため、奥様は保険料を支払う必要はありません。

3.健康保険
奥様は被扶養者となり、健康保険料を負担することはありません。


奥様の年間の収入が180万円の場合
1.税金
フリーランスの場合には奥様は個人事業主となり、確定申告をする必要があります。
180万円から必要経費と基礎控除、社会保険料を除いたものが課税所得になります。加えて地方税も負担する必要があります。
一方、daccanさんは配偶者控除が受けられなくなります。したがって、奥様とdaccanさんが支払う税金は増加します。

2.年金
フリーランスであれば奥様は第1号被保険者となり、国民年金の保険料を支払うことになります。
平成26年度であれば月額15,250円の保険料を支払わなければなりません。したがって、1年では183,000円支出が増えます。

3.健康保険
奥様が国民健康保険に加入し、大阪府大阪市にお住まいと仮定した場合、保険料は年額で122,711円増えます。

以上からパートの場合には収入が103万円増加しますが、フリーランスの場合には180万円から税金、年金、健康保険の支払いをしても103万円以上の収入があると見込まれるため、フリーランスの方が有利になると考えられます。

daccanさんと奥様の御発展をお祈りいたします。

個人事業主
フリーランス
社会保険
国民年金
国民健康保険

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

妻がフリーランスを検討中

法人・ビジネス 独立開業 2014/10/20 11:16

妻が、フリーランスで仕事を始めようとしています。
年間180万円程度(交通費除く)の収入が見込めるのですが、
扶養控除、国民年金、健康保険などの影響で
フリーランスになるか、103万円以内でのパート
どちらが得するのでしょうか。
ちなみに、ワタシ(世帯主の年収は500万円程度です)

daccanさん (大阪府/44歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

外国企業の代理店契約について hsitehisyさん  2015-10-30 17:27 回答1件
音楽家の扶養や税金について Defp726さん  2014-11-24 08:21 回答1件
主婦の開業とアルバイトについて せっしーさん  2014-01-07 02:05 回答1件
フリーランスの税金 momonoberryさん  2013-09-11 16:09 回答2件
離職後の国民健康保険料や国民年金の確定申告 taiseimaruさん  2013-01-26 23:55 回答1件