養育費について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
新谷 義雄

新谷 義雄
行政書士

- good

養育費について

2013/06/20 22:55

京都の行政書士の新谷がお答え致します。



差置送達(民訴法106条3項)と言う郵便局員が元夫の住所等に配達すれば、送達は完了します。
送達の有無は送達報告書で判断します。調書謄本が相手方の手元に現存しようと処分していようと、関係ありません。




差置送達ができなかった場合には、書留郵便に付する送達(民訴法107条)により、再送します。

この場合では発送時点で送達が完了と「みなす」送達方法で、調書の謄本が相手に送達されたと言う法律の形式を作り出すものです。



相手が延々と受領を拒否しているから強制執行できない・・なんて理不尽な事にはなりませんのでご安心下さい。その後の手続きでご不安な事があればいつでもチカラになります。



行政書士しんたに法務事務所
http://legal-kyoto.com

強制執行
養育費

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

養育費について。

恋愛・男女関係 離婚問題 2013/06/19 02:09

初めまして。
先日、養育費調停を申し立て、小学3年生の息子と一年生の娘に対して月額6万円(一人3万円)を相手方が支払うということで決まり、裁判所にて調停調書を作成して頂いたのですが、相手方が調書を不在を理… [続きを読む]

kw88501さん (京都府/26歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

養育費と慰謝料を妥協することなく取りたい k29さん  2015-07-09 12:04 回答1件
離婚後の慰謝料請求について 稲穂米灸さん  2012-09-14 01:26 回答2件
別居中の生活費をもらいたいのですが・・・ 迷い人£さん  2009-04-26 21:03 回答1件
養育費減額請求について 赤瀬さん  2009-04-03 15:18 回答1件