冷静に相手側と交渉しましょう - 山本 雅暁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

山本 雅暁 専門家

山本 雅暁
経営コンサルタント

- good

冷静に相手側と交渉しましょう

2011/09/27 14:45

asa826様、

このたびはご相談くださり有難うございます。
キャンセルされた注文の金額が大きいとのことで大変な事態であると推察いたします。

このデザイン注文を受けられた際に、業務委託契約書的なものを相手側と結んでいたのでしょうか。
もし結んでいれば、その中に注文キャンセルの扱いに関する条項が入っていたと考えます。

もし結んでいないとしましたら、asa826様がおっしゃっていますように、asa826様からシンガポールの顧客に対するインボイスに記載されています、「Cancellation of an order is not possible after the order has been confirmed.」が交渉のよりどころになります。

現在行うべきことは以下の事項と考えます。

1.先ず、上記契約書かもしくはインボイス上に記載されていますキャンセルの扱い規定をもとに、キャンセルを拒絶します。(理由を述べて同意できないと回答します。)

2.基本的なスタンスは、もう既にデザインが完了しているので、注文通り提出するから残金を払って欲しいです。

3.相手が、どうしても強く注文キャンセルを主張する場合、asa826様が譲れる条件をデザインにかかったコストを全てカバーさせること、つまり注文主に払わせることです。

4.当然、前金でもらった30%分は返す必要はありません。

5.交渉は、冷静に合理的な理由を明確にしてビジネスレターをやり取りするように行うことをお勧めします。多分、メールにて行うことになると思いますが、相手側との交渉記録は全て残し様にしてください。

上記回答がasa826様のお役にたてば幸いです。

ご不明な点があればご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁

コスト
契約書
交渉
主張

回答専門家

山本 雅暁
山本 雅暁
( 神奈川県 / 経営コンサルタント )
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

海外取引 一方的にキャンセルされた場合

法人・ビジネス 会計・経理 2011/09/27 02:07

はじめまして。

ジュエリーデザイナーをしているものです。
今年初めに、シンガポールより注文(6月中旬納品契約)を受け
オーダーの確認として30%のデポジットを支払っていただきまし… [続きを読む]

asa826さん (大阪府/36歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

業務委託契約の経理仕訳について debirumanさん  2013-02-19 16:20 回答1件
会社設立時の仕訳、計上日について ロッシ-さん  2012-01-14 17:17 回答1件
国外送金等に関するお尋ねについて 非公開希望さん  2010-07-28 00:18 回答1件
ネット販売時の仕訳について Cutenさん  2016-01-02 09:19 回答1件
税金について katumata50さん  2015-12-04 02:57 回答1件