一瞬ですべてのカルマが消え去る魔法の考え☆ - 恋愛全般 - 専門家プロファイル

Yuriel
人間関係専門・生きかたカウンセラー、潜在意識セラピスト
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
佐竹 悦子
(婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年02月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一瞬ですべてのカルマが消え去る魔法の考え☆

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛全般


「パートナーがいる人ばかり好きになってしまう」とか、
「好きな人にすがりついてしまって、重いといわれる」
というような恋愛のパターンや、

「仕事が続かない」、
「お金に苦労する」
といった人生の傾向のようなものを持つ人は、多いものです。


お母さんが過干渉で、自分の感情を殺して生きることを選択してきた人は、
パートナーがいる人や、暴力をふるったり、自分に無関心なパートナーばかりに
惹かることが多かったりしますし、

お父さんに対するコンプレックスがある人は、仕事で成功しないと言われたりします。

実際にたくさんの方のお話を聞いてきて、
たしかに、そのような関連性があるかもしれない、とわたし自身も思うことがあります。



ですが、何度もお話していますが、
ものごとには、絶対ということはありません。

お父さんにコンプレックスがあったとしても、仕事で成功する人はいますし、

お母さんとの関係がうまくいっていなかったとしても、
パートナーシップがうまくいっている人がいるのも事実です。



それはなぜなのでしょう。


ひとつのたとえ話をお話しします。

わたしたちは、「過去」という広大な盤に、びっしりとオセロゲームの石をたくさん持っています。
そして、ゲームをやっています。

この盤はとても大きいので、そう簡単にゲームは終わりません。
一生かけてわたしたちは、このゲームに取り組むことになっています。



白が、いい成績をとった、ほめられた、成功した、という「ポジティブ」な体験。
黒が、いじめられた、親に愛されなかった、試験に落ちた、といった「ネガティブ」な体験。


そして、「今」という場所から、そのゲームを眺めています。


「過去」の盤の戦況が、おおむね白であれば、「今」は、そこそこ満足で、
安心だと言えるでしょう。

ですが、おおむね黒だとしたら、
「今」はこのゲームに勝てるかどうかハラハラして不安かもしれません。


大人になると、オセロの石もかなりの数になりますから、
その戦況=今の人生の満足度として、受け入れている方も多いかもしれません。



黒が多いので、なんとか、それを白にしようとがんばっている人もいるでしょう。

親に愛されなかったこと、
パートナーと離婚したこと、
仕事をクビになったこと......


いろんなセラピーやヒーリングは、ひとつひとつの黒い石を白に変えていきます。

そして、白の石が増えてくると、しあわせな今を感じることができるようになるでしょう。



一方、こんなことも起こるのです。


たとえば、子どもの頃に親に愛されなくて、ひどい恋愛ばかりしていた。
そして、やっと結婚できたのに、夫に裏切られて離婚した。

そんな「黒」の石ばかりの盤。

それが、「今」すばらしいパートナーに出逢ってしあわせを感じているとしたら、
たぶん、その「黒」石ばかりだったはずの盤は、
「あのことがあったから」と感謝の「白」の石に変わる、という奇跡です。



また、そんなしあわせなパートナーシップがなんらかの形で終わりを迎え、
「今」わたしは、ひどい状態だ、と感じたとしたら、

昨日まで「白」の石ばかりだった盤は、真っ黒になっていることでしょう。



そう、わたしたちは、「今」という場所の状況によって、
盤の石の色を瞬時に変えてしまう力もまた持っているのです。


ですから、本当に、盤の石を白にしたいと思うなら、
「今」をしあわせな状態にすればいいだけです。


「今」がしあわせというメガネをかければ、
過去の盤に置かれた石も、これから置かれる石も、全部「白」に見えます。


「今」が、ふしあわせ、というメガネをかけていれば、
盤に置かれるすべての石が「黒」に見えてしまうのです。



しあわせのメガネをかければ、過去までしあわせになります。
ふしあわせのメガネをかけたなら、すべてがふしあわせになります。


そのメガネこそ、「心」、
つまり、「今のありよう」なのです。


そして、心はそのまんまにしておくと、コロコロ変わります。
だから、いつも、しあわせのメガネをかけているためには、コツがいります。


しあわせのメガネを選び続けること。

神と、ひとつである自分を思い出すこと。


わたしがカウンセリングのベースとしている『奇跡のコース(A Course in Miracles)』では、
それを贖罪(または、あがない)といいます。


また、ひとつひとつのオセロの石を黒から白に変えていくことを、
「つぐない」というのかもしれません。

自分の犯した(と信じている)罪(またはカルマ)をひとつひとつ、
償って、解消していくことで、しあわせになるという方法。


ただ、オセロの石は、現世だけでなく、過去世にまでありますから、無限です。

もし、あなたがオセロの石を裏返していくことに疲れていたら、
「あがない」という考えは役に立つかもしれません。



わたし自身もたくさんのセラピーを受け、たくさんの気づきがありましたし、
自分自身もカウンセリングやヒーリングをしているセラピストでもありますから、
セラピーを否定するつもりは、まったくありません。


わたしたちの人生は、まさに、この広大な盤の上に展開するオセロゲームのようなものです。

白にしたり、黒になったり、また白に変えたりして、
人生を「体験」しているのだなぁとも思います。


でも、石を白にしなければ、しあわせになれない、ということもありません。
つぐなうことでも、カルマを返すことはできますが、
あがなうことで、カルマそのものがなくなります。


神とひとつであるわたしたちには、罪はないからです。




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ おしらせ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
「神とひとつであるわたし」を思い出す体験を、一緒にしませんか。

今までブログでお知らせしていました魔法使いの学校のイベントは、
より参加してくださる方のご希望にあわせやすいよう、
事前にお申し込みいただいた方のみのご案内にさせていただくことになりました。

イベントや講座の参加には、事前登録(無料)が必要です。
ご案内が必要な方は、以下のフォームからお申し込みください。

https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dDhDdXJwUW1zSWM1TzlJYWV5bFBFZHc6MQ



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今日もあなたにすてきなことがたくさん起こります☆
感謝をこめて。


このコラムに類似したコラム

能力は「借りもの」という意識 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/04/13 14:00)

ナンバーズ その5 悪気なく「失言」をしてしまうアスペルガー症候群 堀江 健一 - 恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー(2014/07/14 08:05)

新著を出版しました。 市岡 久典 - 心理カウンセラー(2014/04/09 11:43)

「幸せを感じる才能をより豊かにすること」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/12/17 19:00)

「パートナーシップは暖炉のようなもの」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/11/22 09:35)