真実はどこに?(皇室関連) ② - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

真実はどこに?(皇室関連) ②

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」というサイトで、本日この様な記事を目にしました。

\(◎o◎)/!

 

勿論世の中には、スイス銀行の皇室のお金に手を付けて現在スイスのバーゼルに逮捕監禁されているという小和田恒氏(雅子妃の父親)を、自分達の勢力の為に助けたいと思う人間も当然いらっしゃるし、

 

本来の皇室を取り戻したいと行動される方達もいらっしゃるのです。

      

      ↓       ↓       ↓


【読者様からの提案②】各国の駐日大使館に告発メールまたは告発絵葉書を送ることでスイスに心理的圧力をかけ、軟禁解放をストップ、無限拡散

 

伏見様、ダヤン様、いつも貴重な情報と興味深い記事をありがとうございます。先日スイス大使館への翻訳文でお世話になったものです。その節は本当にありがとうございました。メールにて失礼いたします。

 

ここ数日、「麻生太郎氏が保釈金を用意し、姪の彬子さんがスイスの小和田氏に届けて彼が保釈されるかも」という話を知り、心を痛めております。

 

小和田氏が解放されたら、ますます秋篠宮家は不利な立場に立たされるでしょう。

 

そこで、先日のダヤン様の特別講義で教えていただいた「被害共有」の考え方から、彼が国際司法裁判所の判事であることを利用して、各国の駐日大使館に告発メールまたは告発絵葉書を送ることで彼の悪事を世界中に広め、スイスに心理的圧力をかけることで、この軟禁解放をストップできるのではと考えましたが、どう思われますか?

 

両陛下は日本の中ではトップですが、国際社会の中においてはただの一員です。多くの国連加盟国に「小和田氏がICJの判事だと我が国の国益を害する」と思ってもらえれば皇室と癒着していない国連加盟国をこちらの味方につけることができ、多少は有利に戦えるのではないかと・・・。

 

再度ダヤン様に翻訳をお願いするのも申し訳ないので、今回は前回の英文を参考に自分で文章を考えてみました(汗)。英語は不得手でお恥ずかしい限りですが(汗)、大体内容は相手に伝わる(?)のではないかと思いますので(汗)、おかしなところは皆様の方で直して使って頂けると助かります。

 

 

1.メール・絵葉書の送り先

国連に加盟しているスイス以外の駐日大使館(「駐日大使館一覧」で検索すると外務省のHPにリストがあります。)

【リストの中で送らない国】

★コソボ(国連の非加盟国)中国、韓国、カナダ、マレーシア(親北等で怪しい国)、
★フィリピン、タイ、ベトナム、オランダ(タックスヘイブンその他で皇室との癒着が考えられる国)、
★スイス→あとは皆様のご判断にお任せします。


2.内容

「Dear Mr. or Ms. Counsellor

Please allow me to intervene. I am a Japanese citizen. Do you know a serious suspicion that Princess Masako’s father ( Hisashi Owada, a judge of ICJ ) is now under house arrest in Bazel, Switzerland for

getting money by fraud from the Emperor?  In Japan, under some pressure (maybe of the Imperial Household ? ) the media cannot report this scandal. But If it is true, I don’t think such a dirty person is

suited to be a judge of ICJ. So I hope you refer to Switzerland for details, make the truth public, clean up ICJ for your country and  other UN membership nations.

Thanks & Best Regards.」

 

(訳:親愛なる大使館参事官殿:

突然のお便りをお許しください。私は日本の一市民です。

あなたは、雅子妃の父(小和田恒、国際司法裁判所の判事)が天皇陛下からお金をだまし取ろうとして、スイスのバーゼルで軟禁状態にあるという重大な疑惑をご存じですか?

日本では、何かの圧力で(たぶん皇室の圧力で?)メディアはこのスキャンダルを報道することができません。でもそれが本当なら、私は、そんな汚い人物は国際司法裁判所の判事にふさわしくないと思います。

それで、詳細をスイスに照会し、事実を公にして、貴国と他の国連加盟国のために国際司法裁判所を公正にしてくれることを希望します。感謝と敬具)

 

 

★皇室批判については色々と物騒な話も聞いたので、身バレしないよう、今回名前は入れていません。

★メールだとアドレスが先方にわかってしまうので、それが気になる人は(手間はかかりますが)絵葉書でご協力お願いします。

(私は前回メールで送りましたが、副総理が裏切ったとなるとちょっと怖いような気がして・・・?(外国大使館職員→小和田派外務省職員→岸田外務大臣→麻生副総理なんてルートってありでしょうか・・・?)

★差出人の名前を書かず、指紋(ハガキをよく拭いて手袋をはめて書く)、切手をなめない(DNAの痕跡を残さない)、防犯カメラのない小さなポストからそっと出すようにすればハガキの方が身バレしにくいのでは?と思いますが、どうでしょうか・・・?(皆様のご判断にお任せします。)

★絵葉書は富士山やお城などの和風の物が好感度アップになると思います。

★住所は日本語でOKです。(日本語で住所+○○大使館御中)

 

 

【注意】

絵葉書は、住所を書く面は3分の2までしか文章を書けないことになっているので、例文を全部書くには結構小さい字で書かないと入りません。一度絵葉書の大きさの紙に3分の2の線を引いて下書きされることをお勧めします。

 

小さい字が書けない人は、絵葉書でなく市販のイラスト入り葉書などを使って、裏面全部を使って書けば余裕で書けると思います。


 

【注意】

葉書の切手代は6月から62円に値上げしますのでご注意ください。
多くの加盟国が小和田氏に疑惑の目を向けてくれれば、国連で賄賂でどうこうという工作もしづらくなるし、
話が大きくなって外国メディアにも情報が漏れやすくなるのではないでしょうか。

 

また多くの国からスイスに問い合わせが入ったり、諜報活動にたけた国から睨まれたりすれば、スイスも簡単に解放に応じられなくなると思います。ご賛同いただけましたら是非ご協力をお願いします。

 

いつも伏見様のブログに頼ってばかりで申し訳ありません。(徹夜続きでお疲れの所本当に恐縮しております。)伏見様、ダヤン様、お二人の今後のますますのご活躍をお祈りしております。

 

追記:コムロケイですが、ベトナムでは韓国人とベトナム人のハーフと報道されているみたいです。
元高官の方がお話しされていたベトナムに寄った理由ってこれだったんでしょうか…?

 

まさか金塊を預かってもらったお礼に、ベトナム人の血を天皇家に入れるとか、変な約束してたりして・・・?

 

 

 

 

以上、転載記事でした。

☆_(_☆_)_☆

 

皆様は、どちら派でいらっしゃいますか?

( ・・)~☆彡 or ★彡 ???

 

 

 

 

 

やっぱりさぁ~、

どの勢力も一枚岩じゃないんだね~~~。

 

なんて言っているのかも!? (笑)

\(◎o◎)/!

 

 

 

いずれにしても、日本国内では私達国民には常に真実の情報は隠蔽されている事や、海外の(ジャーナリスト含む)方達の方が日本の皇室などの内情に付いて詳しく知っていて、真実の報道がされているという事。

つまり私達はこの世界で起きている事の事実を全く何も知らないで、ノ~天気に生活しているという事は間違いない様です。

(-_-;)

 

でも「真実を知りたい!」と思う人間も確実に増えて来ているのも事実です。

何故なら、例えばアメーバブログの方でも私の参加しているカテゴリーで、先日私が書いた皇室関係の記事が初めて注目記事ベスト10位内に入り、最高5位になったりして私自身もぶったまげた(下品で失礼!笑)くらいだからです。

\(◎o◎)/!

 

この現象は、それだけ皆「真実の情報」に飢えているという事でしょう。

本当に「今の世の中、何かがおかしい…」

そう気付き始めた人が増えて来たのです。

( ・・) ~ ☆彡

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年