「白か黒か」で盲信・欠点探しをするのでなく、その中に在る真理や嘘を選別するのが自由な生き方 - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「白か黒か」で盲信・欠点探しをするのでなく、その中に在る真理や嘘を選別するのが自由な生き方

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

今回のテーマは、前回の記事でアメブロの方にコメントを下さった方からヒントを得ました♫ (コメントを下さった方に感謝です)

☆_(_☆_)_☆

 

そしてこれは、その前回の記事で私が書かせて頂いた事に通ずるのですが…。

 

私は「どの様なものにも真理は存在する」という事で、自分の中に新たに入って来る情報には、自分の先入観や世間の評価などを持ち込まず、常にニュートラルに「自分の眼と感性で判断する」主義です。

 

巷に良く有りがちな「白か黒か」「一つ駄目なら全部駄目」みたいな思考で判断するという事はせず、どの様な説であっても、その中に隠れている事実や嘘を自分の眼で見分けたり、又発想の転換に繋がる様な「面白い」と感じるものを、自分なりに分析するのが楽しいのです♫

 

そして、こういう生き方が一番ストレスの無い自由な生き方ではないかと感じます。

(^^✿

 

良く巷でお見かけする「白か黒か」という極端な思考癖を持たれた方の特徴は、私の眼からは「いつも何かに怯えている」様に見受けられます。それはあたかも「自分が洗脳されてしまうのが怖い」と宣言されているみたいです。(笑)

 

私はどの様な説であってもビクビクするという事がありません。いつでもどの様なものにもオープンでいられるのは、この様に「その中に存在する真理・嘘・矛盾点」などを自分なりに分析解釈したり、見破ったりする事が楽しいからなのです。

( ・・) ~ ☆彡&★彡

 

これは多くの方が疑心暗鬼になる「宗教」というものにも当てはまると思いますし、例えば前回私は「バシャ―ル」という宇宙人的存在が発信したというメッセージをここでご紹介させて頂いたのですが、そういうものにもこれは当てはまると思います。

(^^✿

 

それではここで、その私達のコメントのやり取りをご紹介させて頂きます♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

【読者の方から頂いたコメント】より(※一部抜粋)

 

さてさてバシャール、他にアシュタールやエイブラハムなんてのもありますが。

私は2015年後半にネットで大炎上した脱スピ騒動から教祖さま系やスピ系について本もブログも読むことを止めました。

あまりに嘘が多くて?? (笑)
でもあなたがバシャールを取り上げることに異論は有りません。(笑)

 

 

 

【私からの返信】より(※一部抜粋)

 

うんうん!あなた様が言われる事、私も良く分かります。何故って私もそうだから。

 

私自身は基本的に「無知な人類を支配コントロールする為に宗教が作られた」という説を支持していますし、最近はその教祖様が人間から「宇宙人」になりつつあるという風潮もクールな眼で観ています。(笑)

 

そして私は一時必要に迫られて徹底的に宗教や霊能者というものを勉強させて頂いた事がありますから、良く分かります。

 

そこで自分が出した結論は「自分以外のものに、自分の中心を明け渡さない」という事でした。きっとあなた様もそこに行き着かれた賢明な方なのでは?

 

ちなみに私も一時アシュタールのメッセージに共感できる部分があり、以前はこちらでも良くご紹介させて頂いた事もありますが、やはり読んで行く内に「ん?これは何か自分の思う事とはちょっと違うなぁ」と感じられるものも結構最近は増えて来ましたからね~。

 

彼が伝えて来る事は真理も勿論多いのですが、でもこれも、その他の多くの宗教も良く使う手法「9割真理を語り、相手を信じさせた所で1割の嘘に引き込む」というものの可能性がゼロとは言えないという眼も、常に私は忘れません。(笑)

 

特に最近のアシュタールのメッセージにはやたら人を甘やかす耳ざわりの良過ぎるものもあり、人によっては何でも都合の良い様に自分を甘やかす「堕落」という方向に行く可能性もありますしね。

 

やはり「自分の歩く道は、自分の自己責任で自分で決める」というのが、どなたに取っても一番正しい答えなのだと思います。

 

以前にどこかでも書いた事なのですが、霊能者というものを表現するのに、こんな名言があるのをご存知ですか?

 

 

「なんだ、あいつも教祖止まりか」(笑)

 

 

 

 

 

「人間達って、どうしてこんなに支配コントロールというものを過剰に怖がって反応するのかしら?」

「それはね。人間は最初からすでに或る存在に支配コントロールされ続けて来たという真実を知らないからだよ」

 

なんて会話がされているかも…!? (笑)

\(◎o◎)/!

 

 

 

人を洗脳支配したがる人ほど他者からの洗脳には過剰に反応し、支配コントロールされる事を異様に怖れるという因果の法則があるのを皆様はご存知ですか?

 

そしてご自分の無知から"偽"宗教(=無知な人間を、自分達の良い様に洗脳し支配する)を信じて関わっておられる人間にも観られる反応なのです。(※上から教わった事を妄信してしまい、「これが良かれ」と信じ行う事が、例え悪気のない無意識という無知からの行為であっても、他人にしている事は自分に返されます)

 

ちなみにこれは、人が頼んでもいないのに独り善がりな思考で「こいつに正しい事を教えてやろう」などという傲慢で不躾な行為を行う人間が陥る心理でもあります。

 

これは良く「宗教」というものを盲信されておられる方に多いのですが、こういう態度こそが支配コントロール欲の現れそのものだという事に気付かない人間もいるのです。(※こういう方達に共通するのは繊細さがなく、自分の考えを執拗に人に押し付けて来るというものですので、皆様もバロメーターにして下さい)

 

自分に中心を持っていれば、色々な方向から色々な事を自由に学び、自分の視野を広げて行く事ができます。

 

どの様なものにもビクつく必要などなく、その分沢山色々な説に触れて学ぶ事、或いは遊ぶ事ができるという事なのです。(ちなみに上級者向けとしては「説を真逆から観てみる」「反転させて思考する」なんて遊び方もあります♫ 笑)

(^^)v ~ ☆彡

 

皆様もどうぞ「自分の中心を、自分以外の人間に明け渡す事をしない」様にされて下さい。

そういう自由な人間こそが、相手の自由も尊重できる人間に成るのございますから♫

(*^^*) ~ ♡

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年