今回の天皇陛下のご発言を、皆様はどう捉えられますか? - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今回の天皇陛下のご発言を、皆様はどう捉えられますか?

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

今朝のニュースで「天皇陛下が退位議論に不満」という内容の記事を目に致しました。

皆様はこれに付いて、どの様にお感じになられるのでしょうか?

( ・・) ???

 

これは古来からの「神道」というものをちゃんと勉強し理解している人とそうでない人とでは、かなり見方が分かれると思います。

 

つまり「(本来は霊能者である)天皇が祭祀を行う事により、国の安全が守られている」という捉え方でものを見た場合と、そうでない場合ですね。

 

今回はそういう事を踏まえて、戦後のGHQと美智子妃殿下の影響を受けて思考がクリスチャンになっておられ、祭祀を簡略化、或いは全く行っていない現在の天皇陛下の意見が述べられた記事と、それとは真逆の見方をされる方の記事の両方を転載してみます。

 

この二つの記事を読まれた方が、それぞれの意見をどの様に捉えるか?というのはそれぞれ個々の自由ですが、私はものの見方のポイントとして、「今現在の日本(強いては世界)の現状」というものが、一つの現実的な答えではないかと思っています。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

<陛下>退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」

5/21(日) 6:30配信

毎日新聞

<陛下>退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」

 

時代によって変わってきた天皇と国民の距離

天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。

 

 

【図で分かりやすく】退位を巡る出来事と安倍晋三首相の発言

陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、制度化を実現するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示したという。

 

宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と話す。

 

ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの主張を展開した。陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。

 

陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。

 

宮内庁幹部は陛下の不満を当然だとしたうえで、「陛下は抽象的に祈っているのではない。一人一人の国民と向き合っていることが、国民の安寧と平穏を祈ることの血肉となっている。この作業がなければ空虚な祈りでしかない」と説明する。

 

陛下が、昨年8月に退位の意向がにじむおことばを表明したのは、憲法に規定された象徴天皇の意味を深く考え抜いた結果だ。被災地訪問など日々の公務と祈りによって、国民の理解と共感を新たにし続けなければ、天皇であり続けることはできないという強い思いがある。【遠山和宏】

 

 

【ことば】退位の有識者会議

天皇陛下が昨年8月、退位の意向がにじむおことばを公表したのを踏まえ、政府が設置。10月から議論を始めた。学者ら6人で構成し、正式名称は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」。11月に16人の専門家から意見聴取し、今年1月の会合で陛下一代限りの特例法制定を事実上推す論点整理をまとめた。4月に最終報告を首相に提出した。

 

 

 

以上、今朝のニュース記事からの転載でした。

☆_(_☆_)_☆

 

 

では引き続き、今度は神道を深く勉強されておられる方のちょっと辛辣な…というより、かなり過激な表現がされている記事の転載です。(※文中、何故皇太子殿下のお名前が佐伯とされているのかというのは、以下のサイトの別のバックナンバーの中で説明されています)

 

 

 

伏見顕正の政経塾 より

 

2017年04月28日

【盗宮3匹の呪いの恐怖】佐伯徳仁氏と雅子が即位したら、首都直下型地震南海トラフ地震が同日発生、愛子天皇日本沈没、無限拡散

f:id:fushimiakimasa:20170430150439j:plain

 *写真は「お笑いトリオ」のレッツゴー3匹

 

≪読者「えむ」さんからの情報提供で、加筆しました。2017年4月29日≫

 

現在既に、「日本の恥」とそれらの即位が「心ある日本国民の恐怖」となっている、元赤坂の盗宮一家3匹の現状。

 本物の佐伯徳仁氏(以下佐伯氏)は昨年5月に病死、愛子も2015年11月に狂った母によって殺害されている。

 佐伯徳仁氏の「代替要員」は、「ナルズ」と言う「低知能50代中国朝鮮族集団」、愛子の代替要員は、池田大作精子を受け継いだ創価学会員夫婦の娘達で「ユニット」を形成している。

 連中はそのまま「笑い物」になっていれば、害は少ないのだが、過去に「関わった個人や「法人」」の命を奪うという看過できない事件が頻発している。

★その恐ろしい、因果関係の明白な事件を時系列に列挙して行こう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

読者「えむ」さんからの追加依頼

 

かの誤一家に関わった皆さんが大変な目に遇わされていますが、もし追記できれば、誤成婚と同じ1993年に

f:id:fushimiakimasa:20170430150534j:plain

 

北海道南西沖地震(津波発生)

鹿児島県竜ヶ水土石流事故

・戦後最悪の凶作

 

こんなこともあったと明記したら、なおさらインパクトあるのではと思います。それにしても、『水』に因んだ凶事ばかりですな。

同じ元号に大津波が2回もあるとは…。両方とも北日本であることも、明確なしるしだと思います。

 

 

【管理人の解説】

ひとえに佐伯氏の「専門もどき」に関わり、これに刺激されて天照大神様、及び皇祖神様、大激怒中と言うことでしょう。

佐伯氏は学習院史学科で歴史研究とのことですが、ほとんどが「水」に関することです。

 「なんちゃって英国留学」の論文が「中世テムズ川の水運史」

 役職は国際連合「水と衛生に関する諮問委員会」

世界水フォーラムの開会式では、「京都と地方を結ぶ水の道」や「江戸と水運」と題した講演を行なっています。

 

★それにしても、学習院初等科以来、級友につけられたあだ名が「ケツ2」、高等科時代につけられたオーストラリア人留学生の家庭教師から「簡単な英単語も覚えられない」と嘆かせた知的障害児が、フェイクにせよ何故英国留学ができたのでしょう。

 

これはやはり「佐伯徳仁集団」と言う「そっくりさんユニット」が昭和58年(1983年)ごろから存在した証左でしょう。

 

そういえば、英国留学中の佐伯氏の写真は「切れ長の目がつりあがった朝鮮人顔」です。

おまけにケンブリッジから名誉とはいえ「法学博士号」も貰っている。

 実母の信子妃殿下を「公開処刑」した三笠宮彬子女王も博士号を貰っていますが怪しいものですね。

いずれにせよ、佐伯氏が天皇になれず、「廃太子」になっても、日本に住んでいる限りは「水」による災厄からは逃れられません。

 

★一日も早く「佐伯徳仁集団・人間牧場」を全員逮捕して、中共習近平に引き取らせるべきです。

 

最後に2代の皇太子、成婚時の大災害は、それこそ2代続いています。

明仁親王と美智子・・・・伊勢湾台風・・死者5098人、負傷者3万8千921人

 

f:id:fushimiakimasa:20170430150633j:plain

 

「最下層の下賤の女」を皇室に入れたことに対する、天照皇大神、皇祖神の分かりやすい「怒りの表明」でしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【2001年以前】

① 目黒の汚和田・江頭のコンクリート御殿を建設した「豊建設(高島屋の子会社)」が倒産

② 愛子のおもちゃを作った木工職人が若くして急死。

③ 1996年1月23日、学習院大学元学長の安田元久氏が自宅の火災により妻とともに焼死。→同氏は佐伯徳仁氏の指導教授。佐伯氏が雅子を同伴してお伺いすると連絡した直後のこと。

④ 1996年7月14日、デザイナーの君島一郎氏が急死・・・デザインした洋服がナルマサの婚約後の正式写真に使用された。

 

【2002年】

森英恵の会社が倒産・・・雅子のウェディングドレスデザイナー

② 26世宗家観世清和が不倫をし、妻と子供を追い出す。・・・・観世は佐伯氏の学友、追い出された妻は愛子誕生時にメッセージを送っていた。

③ 観世の悪影響を受け、宝生流の家元夫人が自殺

④ 杉山繊維工業が倒産・・・愛子のベビードレスを作っていた。

 

【2003年】

東宮の大膳(料理人)渡辺誠氏、54歳の若さで急死

② 歌手の岡村孝子が離婚・・・「ご成婚スペシャル」のテーマ曲「フォーエバー・ロマンス」を作曲

 

【2004年】

野村万之丞氏、44歳の若さで急死・・・佐伯氏の学友、へ~学友がいたんだ~驚き

② 作家の森村桂が病院で自殺・・・昭和天皇が重篤時に今上さんと美智子が森村の軽井沢の別荘で「馬鹿騒ぎ」、また佐伯氏のご成婚時にケーキを焼いた。

③ 堤医師が「研究費横領疑惑」で失脚・・・・雅子の不妊治療担当医師

 

【2005年】

① 11月、アメリカの詩人のノルト女史が急死・・・・同年2月に佐伯氏が彼女の詩を紹介

② 12月、「愛子様に」と送られた象が飼育員を殺害・・・・同年3月に上野動物園を貸切、愛子が餌やり体験

 

【2006年】

① 雅子の愛馬「空勇(そらいさむ)が飼育職員を蹴りあげて、腸炸裂の重傷。

② 3月、学習院院長の田島義博氏が急死・・・・前年11月、愛子の学習院幼稚園の入園が決定・・・気骨のある院長だったので知的障碍者の入園に抵抗した可能性あり。

③ 3月、雅子と愛子、実妹の池田礼子の親子と無関係の一組の親子が、税金で、時間を数時間オーバーして東京ディズニーランドで遊びまくる。

・・・・数週間後、TDLの親会社のオリエンタルランドが12億円の「脱税」が発覚。

④ 雅子の祖父「水俣の殺人鬼」こと江頭豊の葬儀の翌日に19歳の皇宮警察感が、東宮御所敷地内でピストル自殺。

⑤ 10月「のじぎく兵庫大会」で佐伯氏が観覧中に選手や観客ら91人が熱中症で倒れる。

 

【2007年】

① 5月、松岡利勝農相が首吊り自殺・・・・前日の日本ダービーに管轄大臣の農相として佐伯氏を招待していた。

② 7月、佐賀で開かれた高校総体を佐伯氏が観戦中、選手や観客117人が体調不良で病院送りとなる。その後も台風でテントを吹き飛ばされたり、落雷にも襲われた。

 

【2008年】

① 1月歌会始で佐伯氏が熊本県阿蘇山を題材に詠む。・・・・2か月後、阿蘇山の山林火災で7ヘクタール消失。

田崎真珠が資金繰り悪化で社長退任・・・・婚約発表後、雅子が同社を訪問、数百万円の大粒真珠ネックレスをプレゼントされる。

③ 8月、佐伯氏が富士山初登頂。・・・翌日、登山客が落雷で感電死。同日8月9日、富士山初冠雪過去最速で94年ぶりの記録更新。

④ 9月、佐伯氏お気に入りの那須のパン屋が2度放火されたのちに閉店。

⑤ 12月、大分キャノンが業績悪化で、大量首切り。しかも翌年1月に「裏金疑惑」が発覚・・・1年前、佐伯氏が工場を視察、愛用のカメラもキャノン製とのこと。

 

 【2009年】

① 2月水戸プラザホテルで集団食中毒発生・・・・・前年11月に佐伯氏が宿泊。

② 洋菓子店「神田精養軒」自己破産申請。・・・・雅子が洋食レストラン「精養軒」から連日出前を取っていた。

③ トルコでタクシーが横転し、日本人の観光客の少年が重傷。・・・・同時期佐伯氏がトルコ初訪問していた。

④ 4月、イチローが出血性胃潰瘍で、初めての故障者リスト入り・・・・前月、佐伯氏と雅子に面会していた。

⑤ 7月、長崎県ハウステンボスが経営悪化で支援要請・・・同日、佐伯氏が長崎を訪問、翌日ハウステンボスを訪れる。

⑥ 7月、横浜ベイスターズ内川聖一内野手が太ももの筋肉炎症で今季初の欠場・・・・・愛子お気に入り選手だった。

⑦ 8月、横浜球場で観客が転落死・・・・前月、佐伯氏、雅子、愛子が観戦していた。

⑧ 11月、スペイン国王の長女・エレナ王女が離婚・・・・王女は佐伯氏と雅子の「出会いのきっかけ」となった人。

 

 【2010年】

① 4月、奈良で魚が大量死・・・・数日前、佐伯氏が奈良を訪問していた。

② 6月、観世流シテ型能楽師の関根祥人氏が死去・・・佐伯氏の学友で、成婚時盗宮御所で舞を舞った。

③ 7月、大相撲の大関琴光喜の解雇が決定(八百長相撲)・・・・愛子お気に入りの力士で、琴光喜も自分の子供に「愛」の字をつけていた。

④ 7月、埼玉県の秩父山地で防災ヘリが墜落、取材に行ったテレビクルーが死亡。・・・6月に雅子と愛子が校外学習で訪れていた。過去に佐伯氏も登山していた。

⑤ 9月、高級フレンチ・レストラン「シェ・松尾」倒産・・・・結婚直前、汚和田一家と江頭夫婦が「インペリアル・ディナー」を食べていた。

 

≪上記以外にも「相関性」が強く「法則化」したと言われる不気味な現象が見られる≫

① 佐伯氏が開会式に主席した高校総体や甲子園で生徒にインフルエンザが流行する。

② 「佐伯氏の「水関連」・・・・佐伯氏が関心を示した水源地や下水処理施設にゲリラ豪雨や事故がよく起こる。

③ 雅子が「かまぼこ工場」を見学に行ったら、神奈川にプルトニウム入りの黒い粉が降った。

④ 佐伯氏が演奏会で「ゴジラ」を演奏すると、小笠原で地震津波が起きた。

 

 

【結論】信じられないことですが事実です。佐伯氏が即位、雅子が皇后、愛子が天皇になったら、日本の国土と全国民は「死」有るのみです。

 「朝鮮族老婆ユニット・ミッチーズ」と盗宮3匹を駆除しないと、日本国民にとっては「皇室問題」にとどまらず、「民族の存亡」の問題となるでしょう。

 

 

 

以上、真反対なものの見方の記事をそれぞれご紹介致しました。

☆_(_☆_)_☆

 

皆様は、どちらの記事に真実をお感じになりますか?

( ・・) ???

 

ちなみに最近は、「国民の同情を引く事で、世論を動かす手法」というのを見破る人間が増えて来たのではないかと私は個人的に感じています。

( ・・) ~ ☆彡

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年