論理的であることと性別の違いで語ること - 地域ブランド・特産品 - 専門家プロファイル

ホロデックス 
石川県
ITコンサルタント
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

井門 隆夫
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

論理的であることと性別の違いで語ること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域ブランド・特産品
実例・小話



何かを論ずるときに
対立構造で説明すると
新しいアイデアが
浮かぶことが多いらしい
です。

つくづく
生きるということは
アドレナリンを
出すことで
簡単に認識できるらしい

感じます。


よく、論理的な話の仕方や
シンプルな構造化が
できないことを
性別や能力の問題にして
人事を決める
ことが
まだまだ社会的通念として
存在しますが
ナンセンス・やれやれ(死語)です。


「ああ、ジェンダーね。」
とこの話をすると
切り捨てられますが、
この点、
非常に遺憾です。


日本の習慣として
ジェンダーって
どこか合わないように
常日頃思っているのです。
そんなに、
ジェンダーの専門家でも
ないので、この点について
論理的に(>_

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「実例・小話」のコラム