帰省すると親と話が通じない - 地域ブランド・特産品 - 専門家プロファイル

ホロデックス 
石川県
ITコンサルタント
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

宮崎 隆子
宮崎 隆子
(メンタルヘルスコンサルタント)
宮崎 隆子
宮崎 隆子
(メンタルヘルスコンサルタント)
村本 睦戸
村本 睦戸
(ITコンサルタント)
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2017年05月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

帰省すると親と話が通じない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域ブランド・特産品
実例・小話





情報格差なのか世代間ギャップなのか話が通じない場所にはいられないらしい。
話が通じないというより価値観がずれてお互いの意味するところがわからないらしい。
わからないとイライラとストレスがたまりギャップがお互いの経験や背景からくる個人的なレベルでの知識の差なのかあるいは、倫理的なレベルなのか用語の共通認識の差なのか混乱を産み怒りへと変わるらしい。
信じていたものが幻想にすぎず期待が落胆へと変わる。
特に就職や働くという概念など、当たり前すぎてしつけに近い部分にギャップがあることが以外に地方へ戻りたくない原因でもあるらしい。
働くことが、負け組というツイッターに賛同する20才代は、すでに昭和の日本人ではない。戦後のアメリカ人のようだ。
終戦で失ったものはいろいろあるが、しつけの基準もその一つであろう。
いいとか悪いの意味ではなく。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「実例・小話」のコラム