旅をするなら観光地? - 地域ブランド・特産品 - 専門家プロファイル

ホロデックス 
石川県
ITコンサルタント
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

村本 睦戸
村本 睦戸
(ITコンサルタント)
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
山田 祐子
(旅館・民宿プランナー)

閲覧数順 2017年07月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

旅をするなら観光地?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域ブランド・特産品
実例・小話

まぼろしの国、金沢・加賀。

はなやかなりし

昭和のどんちゃんさわぎ的

物見遊山観光地


長年リピートできないことに

悩む地方の観光地は多い。


もちろん、一度いくと

やみつきになり

定住したくなる

北海道や

沖縄が

うらやましいとも思ってもいる


地元のいいわけは

・めずらしいものはない

・自慢できるものもない


お客の言い分は

・どこかのまねでほしいものがない

・おもてなしの心がない


よく考えてほしい。

どちらもネガティブに呼応している。

どちらがきっかけで

そのような悪循環が生まれたか

わからない。



ただ、言えることは

どちらかが言い訳を

ポジティブに考えることから

変われることだ。


できれば、旅をする人の

頭から変わっていってほしい

いつまでも

「お客様は神様」で

おもてなしされてあたりまえ。を

やめてほしい。

そのほうが、旅をするとき

気持ちがいい。


まったくの異文化の

初対面のお宅に

無理やり訪問営業をすると

思ってほしい。


お金を出してるのは

こっちだ。

なんで、気を使わなければならないんだ

みたいな、

集団おのぼり観光客心理は

そろそろ変わって、

セレブ感覚の心になってほしい。


「その不便さ、不条理さ、素朴さ、

シャイの表現、自分の土地での非常識」

を楽しんでほしいのだ


要求して、答えたその結果が

東京と変わらなかったら

旅してる意味あるのだろうか?

そういった意味で

地域の郊外の風景が関東なんだか

関西なんだか、ちっともわからない

「ふるさと」は

「東京と変わらない」

ことになるだろう




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「実例・小話」のコラム