地域名をつけただけで地域ブランドになるのか! - イベント・地域活性全般 - 専門家プロファイル

結街 代表
茨城県
日本産精油スペシャリスト

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
村本 睦戸
村本 睦戸
(ITコンサルタント)
山田 祐子
(旅館・民宿プランナー)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

地域名をつけただけで地域ブランドになるのか!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. イベント・地域活性全般
フィトセラピー ワークショップ

昨日、あるケーキ屋さんに行ったところ
ショーケースに「○○ロール」という商品があったので、
材料は何を使っているのか店員さんに聞いてみました

特に、地元の特産品や地元で取れた原材料を
使っているわけではなさそうでした

残念

そして、「絹フロマージュ」という、
なんとなく絹織物である結城紬を連想させるような
チーズケーキもありました

こちらも、絹のような舌触りという意味合いで
ネーミングしたようです

でも、せっかくなので地元で取れたなにかを入れて欲しいなぁ~と
そうしたら地域ブランドとして全国での当市のイメージが
アップするのにとおもいつつ店内を見回してみると、
桑の実を使ったゼリーのようなお菓子(名前は忘れました)がありました

茨城県の地域資源として指定されているものの中で、
結城市と固有名詞が入っているのは「桑」だけですから
「桑の実」を使ったお菓子は十分に地域ブランドになりますね

結城紬でさえも結城市という固有名詞はなく、
県西地区という括りまのです

問屋は結城市内にしかないとのことですが、
実際に生産しているところは結城市以外の地域(栃木県も含む)ですからね

そんなわけで、またまた地域ブランド開発への
熱い想いがフツフツと湧いてきたのであります

写真は「おみたまバーム」
その名のとおり小美玉市の会社が作っているのですが、
近隣で取れた果物などを入れた商品もあるようです





食べ物は、まずはおいしいことが最重要課題であり、
そこにその地域らしさを入れていくことは簡単ではないですね

こちらのおみたまバームはしっとりとしていて美味しかったでーす


      





カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 日本産精油スペシャリスト)
結街 代表

サロンの開業をサポートします

起業をお考えの方の事業計画書づくりやブランドづくり、販売促進企画の立案・実施支援を行います。アロマ・ハーブ・カラーを使ったセラピーでメンタル面でのサポートも行います。

カテゴリ 「フィトセラピー」のコラム

今後のイベント出店の予定(2017/07/17 18:07)

誕生日だから買い物したぜ(2017/07/17 13:07)