一部の医師がレディエッセを使用しない理由② - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一部の医師がレディエッセを使用しない理由②

- good

・長期間持つ注入素材はヒアルロン酸にもある

レディエッセ程度の持続期間がある術式は、
ヒアルロン酸の素材でもいくつか種類がございます。

そのため、ヒアルロン酸を使用し、
レディエッセを行っていない医師もいらっしゃいます。

・感染のリスクがヒアルロン酸に比べて高い

一部のデータではそのような報告がございます。
医師によって見解も違いますし診断内容も異なります。

・局所麻酔が必要

麻酔剤が含まれているヒアルロン酸は局所麻酔が必要ありません
局所麻酔が苦手な方はヒアルロン酸のほうが良いでしょう。

レディエッセを扱っているクリニックのホームページには
まず説明されていない内容
ではないでしょうか。

それだけリスクを全て説明できるクリニックが居ないという事を示しています。

レディエッセ・注入治療の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |