鼻の穴が左右非対称になってしまう不自然な鼻翼 - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

鼻の穴が左右非対称になってしまう不自然な鼻翼

- good

鼻翼が横に張り出して不恰好な鼻をどうにかしたい。
と思っている方も少なくはないと思います。

やっぱりスーッと綺麗に通ったお鼻が理想でしょう。

綺麗なお鼻を求めて美容整形をする方が多いです。
しかし、その結果が最悪な状態で終わってしまうこともあるのです。

それは簡単に言いますと”失敗”です。

鼻翼の張り出しを改善させようと鼻翼縮小を行います。
技術が未熟な医師が行うことで実験台のように行われてしまいます。

失敗例としては、お鼻の穴の形が違うということが挙げられます。

通常人間誰しも、左右対称ではありませんが、
あまりにも左右非対称の場合には、不自然に見られてしまいます。

顔を上げたときや下から見た時に形が変ですと、不自然です。
また、お鼻の形に違和感があるということは、正面から見ても不自然です。

医師によってデザインも変わってきますので、
過剰に組織や皮膚を切除してしまうことも考えられるでしょう。

医師によってはこだわりの術式を行っている医師もいます。
何よりも失敗するリスクを少しでも回避させるためです。

営利的に行っている医師もいますが、
患者様を綺麗にしようと努力してくれている名医もいるのです。

医師選びには絶対躊躇しないことが失敗を回避できるでしょう。

鼻翼縮小・小鼻縮小の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |