「二人は夫婦なの?」と聞かれた時の彼の反応がショックでした。 - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年04月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「二人は夫婦なの?」と聞かれた時の彼の反応がショックでした。

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題

[2724] ふくお [東海] 2014/05/13(Tue) 22:27

先生、こんにちは!いつもメルマガ、アドバイスありがとうございます。
結婚に向けての相談(お互い30代後半)をよろしくお願い申し上げます。

私達は250キロ離れた中距離恋愛ですが、
ここ一年は月の半分以上は一緒に過ごせるようになりました。
ホントに先生さまさま(復縁マニュアル、メール相談数回、メルマガ)です。
最近は結婚に向けて頑張って来ましたが、先日気になることがありました。

あるとき、デート先で高校生から、
「二人は夫婦なの?」と聞かれた時の彼の反応がショックでした。

彼   :「夫婦じゃないよ」
高校生:「えー?! じゃあ、彼氏彼女?」
彼   :「うーん……彼氏彼女でもないかなぁ」
高校生:「えっ、違うの? じゃあ友達?」
彼   :「ま、そんなようなもんかな」

そんなやりとりを少し離れた場所で聞いてショックでした。
「でもいっぱいエッチしてるよって
 高校生に教えてあげようかと思っちゃった(笑)」と彼に言うのが精一杯で
「純粋な子供に言っちゃダメだって(笑)」とその時は笑い話になりました。

それ以降、どうしたら恋人、結婚に昇格できるかなぁと悩み始めました。

最近はほぼ毎週末一緒が当たり前になっていて、金曜仕事後に手作りお夜食持参で
出発、月曜朝戻り、そのまま仕事へという形が多いです。平日夜はお料理教室に
通ってレベルアップに励み、彼の反応や好み、先生の名言などをまとめたノートを
作成し、反省と改善を重ねて来ました。

彼からもお揃いのアウトドア用品や釣り道具を揃えてくれたりと
嬉しいプレゼントも多くなり、順調かなと思い込んでいました。

私は彼と結婚したいので、至らない点、見落としていることなど
ありましたらアドバイスをよろしくお願い申し上げます。

追記
毎週末のメルマガをすごく楽しみにしています。
毎回大変参考になり、楽しく学べる内容で、ほんとに感謝しています。
最後になりましたが、お身体御自愛下さい。


ふくおちゃん

こんにちは、マーチンです。
ご相談拝見いたしましたので、お返事させていただきますね。

今回のふくおちゃんのようなお話は割と耳にします。
思うのですが、こういう場合は「常識的な対応をしたらいい」と思います。
つまり、

> そんなやりとりを少し離れた場所で聞いてショックでした。

ショックを受けるというよりも「はあ!?」という感じで、
「何言ってるのよ、彼氏彼女でしょ!?」とか、
「ううん、もうすぐ結婚するんだよ~」と言えばいいのです。
僕が女性だったら、間違いなくそう言います。

こういった話は落ち込むのではなく、彼の不誠実さ問うことが大事でしょう。

これをスルーするから、こういう男性が調子に乗るのです!!
「それくらいのことも言ってくれないの!?」と彼を責めるくらいでいいのです。
(ホントに僕はそう思います。甲斐性なさすぎです)

「月の半分も一緒に過ごして、することしていて、
“付き合っていない”なんて通用するかーっ、大バカものーっ!」

……というくらいの強い気持ちで、彼を叱って欲しいと思います。
30代後半のおっさん(←わはは!)が、何をやっているんだか……です。

こうやって「いうべきことは言うこと」がとても大事です。

また、これでダメになる男なら、今すぐダメになった方がいいと思います。
これ、ホントにそうですよ。この状態で「彼氏、彼女」とも言ってくれないような
男性なら何をしてもムダですし、そんな男はやめるべきだと強く思います。

また、こう言われて「すまん、悪かった」とも言ってくれないような男も終わっていると思います。

あとですね、こうして見ると、ふくおちゃんは
「セカンド思考の女」になってしまっていると思いました。

「セカンド思考の女」とは言うべきことを言えない。
自分の気持ちを伝えられずに彼の顔色を伺ってしまう
クセがある女性のことです。結果、都合のいいように
されてしまう可能性が高いのです。

ふくおちゃんは、今お話したような「言うべきことを言わない」ので、
彼に「コイツは言わない女なんだ」と既に思われているでしょう。
(実際、今回のことはケンカになる女性だったら、そうなっている場面です)
これを早く解消して欲しいと思います。

> 私は彼と結婚したいので、至らない点、見落としていることなど
> ありましたらアドバイスをよろしくお願い申し上げます。

今やっていること(ありがとう法)は、できているのだと思います。
だからこそ、月の半分も一緒にいられるようになっているのです。
でも、セカンド思考を直さないと「完全な彼女」や「奥さん」にはなれません。

思うのですが、婚約や結婚に辿り着ける女性の皆さんは、
「これでダメになるなら仕方がない」と腹を括って頑張っておられる……
そんなイメージがします。

やるべきことはやるし、言うべきことは言う。それでダメなら、どの道ダメ。

この思考をぜひ身につけて、頑張って欲しいと思います。
この度は、ご相談頂きありがとうございました。

2014/05/18 wrote

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
毎週2回開催のリアル恋愛学校/マーチン先生の恋愛教室はこちらです。

発行歴13年。 マーチン先生の恋愛教室 無料メルマガバックナンバー

マーチン先生の恋愛教室PREMIUM 初月無料でご覧頂けます
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 恋愛アドバイザー)
恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

-「カケヒキをして幸せになれました。結婚できました!」そんな話を一度でも聞いたことがありますか- マーチン論の特徴は2つ。【1】カケヒキを一切せず、素直にまっすぐ行動する。【2】自分で考える力を身につける。これが恋を叶える秘訣なのです。