渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー)- コラム「掛け金知らない。57%」 - 専門家プロファイル

渡辺 行雄
ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

渡辺 行雄

ワタナベ ユキオ
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
Q&A回答への評価:
4.4/1,951件
お客様の声: 3件
サービス:59件
Q&A:4,792件
コラム:270件
写真:194件
お気軽にお問い合わせください
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

掛け金知らない。57%

- good

2019-09-18 16:57

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、

渡辺です。


日本経済新聞のきじによると、企業が出した掛け金を従業員が運用する企業型確定拠出年金(DC)で、

自分の毎月の掛け金を知らない加入者が57%達することが、民間調査で分かった。

年金残高を確認した経験がない人も半数に及んだ。

DCは老後の資産形成に有効な手段のひとつだが、理解不足の10教員が多いようだ。


企業型DCは従業員の運用次第で将来の年金額が変わる制度で、7月末で719万人が加入している。

毎月の掛け金については、勤め先が決める場合や従業員が選択する場合がある。

通常は専用のウェブサイトで掛け金を把握したり、運用する資産を決めたりするとのことです。


私のところにも確定拠出年金を利用している会社にお勤めの方から相談があります。

また、毎月会費を払ってもらっている会員の方についても、毎年お勤め先の確定拠出年金の各ファンド毎の投資割合の見直しや、ファンドそのものの見直しなど、アドバイスを行っています。

初めて相談される方のほとんどが、日経にも書かれているとおりほとんど運用していないで、定期預金などに預けている方となります。

また、導入時には一応会社から説明はあるのですが、その後のフォローがほとんどないという方が相談者のほとんどです。

確かにたくさんのファンドが用意されていても、パッシブ運用なのか、アクティブ運用なのか。あるいは各ファンドごとの特徴や運用方針など、理解することは難しいですし、ベンチマークと運用実績を見ながらファンドを決定していく過程など、やりなれていないとなかなかできるものではありません。

ただ、運用次第で自分自身が将来受け取れる年金額が決定してしまうのですから、ほとんど増えない定期性預金などに放置したままは、とても残念なことです。


以上、ご参考していただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン





カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

料金
10,000円

確定拠出年金を導入している企業にお勤めの方や、ご自身で確定拠出年金を利用されている方限定!

ご相談いただいた方のリスク許容度を確認しながら、ご相談いただいた方にとって最適なマネーポートフォリオをご提案いたします。

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真