渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー)- コラム「共働き世帯は貯蓄を重視」 - 専門家プロファイル

渡辺 行雄
ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

渡辺 行雄

ワタナベ ユキオ
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
Q&A回答への評価:
4.4/1,940件
お客様の声: 4件
サービス:54件
Q&A:4,766件
コラム:251件
写真:189件
お気軽にお問い合わせください
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

共働き世帯は貯蓄を重視

- good

2017-09-13 09:11

皆さんこんにちは、

個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺です。


日本経済新聞の記事によると、

日銀は共働き世帯ほど所得を貯蓄にまわす傾向があるとしたリポートを公表した。

共働き世帯は専業主婦世帯と比べて、所得が同じでも貯蓄率が0.8%ほど多くなる。

ここ数年は共働き世帯の増加が目立っている。

共働き世帯の所得は多くなるが、所得の伸びほどには消費が増えない可能性がある。


共働き世帯は専業主婦世帯よりも可処分所得が2割強多いが、

消費支出は1割程度しか多くなっていない。

その分、貯蓄に回っている。

世帯の合計所得が近い世帯同士で比べても、

共働き世帯の方が貯蓄に回す傾向が鮮明だった。


ここ数年、家計全体の貯蓄率が上昇傾向にあるが、

共働き世帯が増えていることが影響しているとのことです。


私自身、ファイナンシャルプランナーとして独立してから今年で18年目となりますが、

独立当初は共働き世帯の多くの傾向として、

各の収入は自分自身で管理して、

毎月の生活費だけ出し合って、

お小遣いや貯蓄はお互いの裁量に任せる傾向が強かったです。

このような家計の管理方法では、思うように貯蓄はできません。


しかし、最近の共働き世帯の傾向として、

お互いの収入をまとめて、夫婦で管理している方が増えています。

もちろん、一元管理した方が無駄な支出を抑えることができますし、

毎月の貯蓄率も向上します。


日銀のリポートも今の共働き世帯の傾向を裏付けています。


以上、ご参考していただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン



カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 20代&30代主婦の方の簡単家計管理術(家計診断・提案書付)

家計管理のポイントを分かり易く解説しますので、今日からカンタンに家計管理ができるようになります。

料金
10,000円

年間をとおして50組以上のご家庭の家計診断を行っているファイナンシャル・プランナーが、
直ぐにできる、しかもカンタンにできる家計管理の方法を分かり易くアドバイスしますので、ご相談いただいた月からすぐに貯蓄ができるようになります。

20代&30代主婦の方の簡単家計管理術(家計診断・提案書付)
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真