渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー)- コラム「子ども 36年連続減」 - 専門家プロファイル

渡辺 行雄
ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

渡辺 行雄

ワタナベ ユキオ
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
Q&A回答への評価:
4.4/1,942件
お客様の声: 4件
サービス:54件
Q&A:4,771件
コラム:254件
写真:189件
お気軽にお問い合わせください
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

子ども 36年連続減

- good

2017-05-15 11:16

皆さんこんにちは、

個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺です。


少し前の記事になりますが日本経済新聞の記事によると、

総務省は『こどもの日』を前に4月1日時点の子どもの人数を推計した。

外国人を含めた14歳以下の人口は1571万人と前年より17万人減り、

過去最少になった。

減少は36年連続。

総人口に占める割合も12.4%と同0.1ポイント下がり、

43寝んな連続の低下で過去最低を更新した。


男女別では男子が805万人、女子が7567万人と、

8万人減った。


都道府県別では東京が1万2千人増で、唯一の増加。

沖縄が横ばいで、45道府県でマイナとなり、

少子化の流れに歯止めがかからない。

子どもの割合が最も大きかったのは沖縄県の17.2%で、

最も小さかったのは秋田県の10.3%だったとのことです。


少子化対策と長年いわれているにもかかわらず、

相も変わらず保育園の不足は解消されていませんし、

安心して子育てができる環境がまだまだ整っていません。

この国の将来のことを考えると、

とても心配になるのはきっと私だけではないはずです。

国の政策だけではなく、

企業も内部留保するのではなく、従業員に給与として還元していかないと、

少子化は解消していかないのかも知れません。


以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン




カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 20代&30代主婦の方の簡単家計管理術(家計診断・提案書付)

家計管理のポイントを分かり易く解説しますので、今日からカンタンに家計管理ができるようになります。

料金
10,000円

年間をとおして50組以上のご家庭の家計診断を行っているファイナンシャル・プランナーが、
直ぐにできる、しかもカンタンにできる家計管理の方法を分かり易くアドバイスしますので、ご相談いただいた月からすぐに貯蓄ができるようになります。

20代&30代主婦の方の簡単家計管理術(家計診断・提案書付)
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真