渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー)- コラム「仕送り16年連続減」 - 専門家プロファイル

渡辺 行雄
ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

渡辺 行雄

ワタナベ ユキオ
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
Q&A回答への評価:
4.4/1,942件
お客様の声: 4件
サービス:54件
Q&A:4,771件
コラム:254件
写真:189件
お気軽にお問い合わせください
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

仕送り16年連続減

- good

2017-04-25 15:19

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺です。


日本経済新聞の記事によると、

2016年に親元を離れて首都圏の私立大に入学した学生への仕送り額は、

平均8万5700円だったことが東京地区私立大学職員連合組合の調査で分かった。

16年連続減少で、過去最低を更新した。


前年度から1000円減り、

ピークだった1994年度の12万4900円から3割少なくなった。


仕送りから家賃を除いた生活費は2万3700円と過去最低。

同組合によると、仕送りが減ったのは親の可処分所得の減少や、

学費高騰の影響が大きいという。


学費を含めた入学初年度の負担額は下宿生の場合、

平均293万円だった。

調査では保護者の18%が『借り入れをした』と回答。

57%が『奨学金の利用を希望』していたが、

返済への不安などから、このうち38%は申請しなかったとのことです。


首都圏から大学へ通わせる親御さんと違って、

地方から首都圏に子供を下宿させて大学に通わせる場合、

毎月の支払い家賃負担が決して少なくはありません。

6畳程度のワンルームでも6~7万円するところがいくらでもありますから、

そういったことを考慮しても、親御さんの負担は決して少なくありません。


また、結婚をしてお子さんを産んだ時期が遅かった場合でしたら、

ご主人様が定年を迎えた後からも教育資金の負担が続くことになってしまいます。

こうなってしまうと親御さんたち自身の老後資金確保もままなりません。


将来、このようなことになってお金のことで困らないようにするためには、

ライフプラン設計がとても重要です。

いつ頃からいくらくらいお金が必要となるのか。

必要となるお金を確保していくためには、

今からいくらくらいずつ貯金をしていく必要があるのかなど、

しっかりとしたマネープランもたてていく必要があります。

勿論、私のような専門家に相談しても良いですね。


以上、ご参考していただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン





カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 超お得!あなたのライフプラン設計をお試し価格で(提案書付)

今の生活を続けていって将来も家計が成り立つか気になりませんか?キャッシュフロー表で確認出来ます。

料金
5,000円

今の収入で住宅ローンを組んで家を購入しても大丈夫か不安ではありませんか?
今の貯蓄のままでは老後資金に不安はありませんか?
お子さまに十分な教育を受けさせたいけど、教育資金にお金をかけすぎて家計が成り立っていくかどうか知りたくありませんか?

10年以上の実務経験と実績豊富なファイナンシャル・プランナーが、あなただけのキャッシュフロー表と提案書を作成してアドバイスを行います。

超お得!あなたのライフプラン設計をお試し価格で(提案書付)
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真