山本 雅暁(経営コンサルタント)- Q&A回答「新規部門のミッション策定についてのアドバイス」 - 専門家プロファイル

山本 雅暁
起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

山本 雅暁

ヤマモト マサアキ
( 神奈川県 / 経営コンサルタント )
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
Q&A回答への評価:
4.7/11件
サービス:0件
Q&A:54件
コラム:410件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

新規部門立ち上げを任されました

法人・ビジネス 新規事業・事業拡大 2009/04/15 12:54

はじめて質問させていただきます。

小生、人材サービス会社に転職して3年になります。
このたび社内で新規部門が立ち上がりまして、担当することに
なりました。

この部門は、首都圏に点在する営業支店に横串をさすような
業務を遂行していくことをイメージされ、設立されました。

しかしながら具体的なミッションなどは一切決まっていないため、早急に決めていく必要があります。

営業所ではありませんので具体的な数値目標は持たない方向で
部門ミッションを策定しようと思いますが、どのように進めていけばよいか・注意点等も含めご指導を頂戴したく存じます。

(前職も含め今回のような経験は初めてのこととなります。)

以上何卒よろしくお願い申し上げます。

eastpescさん ( 東京都 / 男性 / 38歳 )

山本 雅暁 専門家

山本 雅暁
経営コンサルタント

- good

新規部門のミッション策定についてのアドバイス

2009/04/16 07:19
( 5 .0)

御相談者、

今回ご相談下さり有難うございます。
私も本社マーケティング部門で営業所や海外販売会社の経営支援を行った経験がありますので、その経験も含めて以下のように回答させて頂きます。

新規部門は、各営業支店を横串的に支援することが役割とのことですのでこの観点からコメント致します。

ミッションを考えるポイントは、各営業所が営業活動をスムーズに行えるようにどのように支援するかだと思います。

通常、各営業所は日常の営業活動に忙しくて、本来考えなくてはいけない経営課題について検討したり、実行したりする余裕がありません。
この観点からミッションをお考えになることをお勧めします。

営業所から本部・本社機構に期待することは、例えば以下のような事項です。

・各営業所で売り上げ不振や経営課題が発生した時にすぐ相談できる窓口があること
・新商品・新サービスの効果的かつ迅速な情報提供があること
・他の営業所の営業活動の情報共有化(ノウハウの蓄積)し、活用出来ること
・競合他社の営業内容と自社のそれとの比較、及び、自社が競争に勝つための宣伝、広告、マーケティング、営業活動の提案があること
・営業担当の人材育成、教育を支援してもらえること、など


また、本部・本社の視点で考えますと、各営業所の経営状況を確認し、売上目標や予算を達成するための支援や、本部・本社の経営方針の周知徹底などが、ミッションの一つになると考えます。

ミッションを決める前に、たたき台:試案を作成後に各営業所に事前説明を行って、彼らの意見や要望を十分に聞いてから最終案を作成されることをお勧めします。

各営業所が新規部門を頼りになる存在として認知してくれれば、ちょっと極端に言いますと、ミッションの半分は達成出来たと思います。

上記内容につきましてご不明な点があれば何時でもご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁

評価・お礼

eastpesc さん

山本 様

早々のご回答ありがとうございました。

営業所から本部・本社機構に期待すること等
非常に参考になりました。

今後再質問させていただくこともあるかとは
存じますが、どうぞよろしくお願いいたします。

取急ぎ御礼申し上げます。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム