山本 雅暁

画像をクリックすると拡大表示します。

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

山本 雅暁

ヤマモト マサアキ
( 経営コンサルタント / 神奈川県)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。
神奈川県 横浜市泉区
営業時間
平日9:30~18:00 土 9:30~18:00
定休日: 日曜日、祝日。ただし緊急の場合は、日曜日・祝日でも通常通り営業します
印刷画面へ

強み・特徴

倒産に直面しやすい起業3~4年目の企業を存続・拡大させていくために、販路拡大、顧客の維持・確保にポイントを絞った経営戦略をアドバイスします。起業時の事業戦略策定を支援しています。事業展開の可能性として想定できるターゲット・市場分析に自信があります。M&A案件の仲介や買収後の運営も含めたプロジェクト推進も支援します。 経営幹部や中間管理職などに対するOJTによるビジネススキルアップ研修も行います。
助成金・政策の活用 補助金・助成金活用を考える企業に対して、獲得のための事業計画書・申請書作成や、獲得後の計画進捗管理を支援します。
独立開業全般 今までの経験をもとに、事業計画策定・取引先や金融機関へのプレゼン・資金調達支援などを行います。
売買企業の選定・打診 多くのM&A経験を活かして、売買企業の選定・打診・交渉や契約書締結、買収後の組織融和・安定化などについて支援します。
事業・企業再生戦略 周りの理解を得ながら撤退できるように支援します。次の事業展開の為の新規事業選択肢抽出や対象市場開拓についても支援します。
ビジネススキル研修全般 OJT(On-the Job Training)型のビジネスキル研修を支援します。セミナー・研修講師もお引き受けします。
対応エリア
  • 全国

対応業務

創業・起業の経営戦略・事業計画をコンサルティング
私は、長年大手AVメーカーにて経営戦略の一環として、欧米企業とのアライアンスやM&A・社内ベンチャー立ち上げにかかわり、対象企業の財務状況の分析・評価をはじめ、想定できる市場やターゲットを分析し、それを事業計画策定に落とし込み実行するまで携わってきました。その経験をもとに、起業時の支援を行っています。事業計画策定・取引先や金融機関へのプレゼン・資金調達支援などを行います。
創業3年目を迎える企業の経営戦略をコンサルティング
企業は人の一生と同じです。起業時である幼年期を経て、少年期・青年期・成熟期というライフサイクルを歩んでいきます。この中で、一番危険なフェーズが起業後3~4年を経過した幼年期から少年期です。では、このような危機に直面した時に、どのようにリスクを最小化していけば、企業は存続できるのでしょうか?企業が存続するための最適な経営戦略を、企業の事業領域や市場規模に応じて提案することができます。
Web活用によりローコストで顧客開拓をサポート
ネット事業を行う資金力のない企業に対しては、インターネットマーケティングにより、事業展開を行う際に想定されるマーケットとセグメントを分析し、ローコストによる顧客開拓を支援します。また顧客獲得にあたりWebサイト構築が必要な場合は、Webサイト制作やWebマーケティングのスペシャリストとチームを組み、Webに関するサービスをトータルでご提供します。
事業化・新規事業の立ち上げをサポート
中小企業・ベンチャー企業が新規事業を立ち上げる際の、事業化・新規事業の可能性検討、市場調査、競合他社分析、販路開拓などのサポートと、当該結果に基づく事業計画作成について支援します。販路開拓は、日本市場だけでなく中国を含むアジアや欧米も含めて行います。市場調査や競合他社分析に関する情報収集は、可能な限り、インターネット上で既に存在する「2次データ」を活用して行い、コスト低減を図ります。
雇用対策以外の補助金・助成金獲得・活用支援
中小企業・ベンチャー企業が市場で勝ち残っていくためには、常に競合他社に対して差異化を図る必要があります。差異化を出すことは、新規性・独自性を持つことです。また、経営合理化により、事業性の効率を上げコスト削減も並行して行う必要があります。新規性・独自性を持つ、或いは、経営合理化を図るときに補助金・助成金活用を考える企業に対して、獲得のための事業計画書・申請書作成や、獲得後の計画進捗管理を支援します。
M&Aの推進;売買企業の選定・交渉・買収後の融和推進
中小企業・ベンチャー企業が、短期間に新規事業立ち上げ、販路開拓、製造・供給拠点の確保などを行うときに、M&Aは有効な経営手法です。また、事業承継を行う必要があるときに、有力な後継者がいない場合、他社に事業売却・譲渡を行う選択肢もあります。この様なM&A案件に対し、実際に事業者側で行った多くのM&A経験を活かして、売買企業の選定・打診・交渉や契約書締結、買収後の組織融和・安定化などについて支援します。
アライアンス(事業連携)の推進
直接競合しない企業同士が、お互いに自社で持っている経営資源を持ち寄って、アライアンスを組んで共通の目標・目的達成のために「協業」していく経営手法が活用されるようになってきました。アライアンスは、他社と行うために常に「Win/Win」の関係を維持してきめ細かく事業推進する必要があります。このきめ細かな対応について、関係構築、プロジェクト進捗管理、交渉、文書作成・連絡取りなどの分野で関係企業を支援します。 
企業再生;集中と選択、新規事業・市場の開拓支援
厳しい市場環境下で中小企業・ベンチャー企業が生き残っていくためには、時として事業の集中と選択を含む経営合理化を行う必要があります。市場から撤退するときは、お客や取引先への影響を最小限にして行う必要があります。自らも事業撤退の困難さを体験した私が、可能な限りスムースに周りの理解を得ながら撤退できるように支援します。同時に、次の事業展開の為の、新規事業選択肢の抽出や対象市場の開拓についても支援します。
海外を含む他社との契約締結の交渉・契約書作成支援
中小企業・ベンチャー企業が他企業と様々な事業活動を行っていく場合、各種契約の取り決めが重要になってきます。不明確な契約や自社に不利な契約を結ぶと、経営に大きな影響を与えます。今まで300件以上の契約に携わって来た経験をもとに、事業者側の立場から契約交渉。締結を支援します。対象は、機密保持契約、売買契約、設計委託契約、共同開発・設計契約、製造委託契約、OEM供給契約、ライセンス契約など。
研修講師;OJTによるビジネススキルアップ
大手AVメーカー勤務時に色々な分野で数多くの経験を積んできました。この経験をもとに、中小企業・ベンチャー企業の中堅からトップマネージメントまで、OJT型(On-the Job Training)のビジネスキル研修を支援します。対象分野は、交渉を含むコミュニケーション術、リーダーシップ能力、アライアンス構築力、事業計画作成、調査力、事業者側から見た契約知識など。自ら考え行動できるように能動的なスキルアップを目指します。

経歴

1975年大手AVメーカー入社。海外の子会社の経営再建に着手。売り上げの300倍もの在庫処理を10ヵ月で行う。1993年より経営再建の手腕が買われ、欧米企業とのアライアンス・M&A事業に従事。2007年経営コンサルタントとして独立。事業領域や市場規模に応じた起業化、売上拡大、新規事業立上、事業再生のための経営戦略(含むM&A)をアドバイスする。ビジネススキルアップのために、OJT型(On-the Job Training)の研修講師を務める。

1975年~1993年
大手AVメーカー入社
1975年大手AVメーカー入社。1988年~93年 海外へ赴任し、現地子会社の経営再建に着手。運転資金の確保・在庫処理・経営基盤の強化をはかり、売り上げの300倍もの在庫処理を10ヵ月で行う。その後、本社に異動。
1993年~2007年
内閣府認証(特)日本経営士協会認定 経営士 取得
1993年より経営再建の手腕が買われ、アメリカのソフトウェア企業とのアライアンス事業のプロジェクトチームに加わる。翌年からは、商品力の強化・ラインアップの強化を目指し、M&Aに従事。経営再建の際に身につけた財務の知識を活かし、欧米企業数社の財務状況・経理データの分析から、客観的評価を行うとともに、中期計画・事業戦略・経営計画の策定や新規事業立ち上げにもかかわる。
2007年~2012年
経営コンサルタントとして開業
これまでの自身の経験を活かせる道を模索し始め、2007年ドリームゲートにて、ネット上で起業家向けに経営についてアドバイスする活動をスタート。事業計画策定の支援などを行ううちに、企業活動が壁にぶつかる創業3~4年目の事業継続支援こそ必要とされるサービスなのではないかと考えるようになり、経営コンサルタントとして独立を決意する。
2007年~2012年
起業コンサルタントとしての活動
ドリームゲートのアドバイザー時代に、2007年から2008年にかけて埼玉創業塾や西多摩創業塾などで合計20回くらいの起業家向けセミナーを実施した。その後、All Aboutプロファイル会員として、2009年に10回くらいの起業家向けセミナーを実施。今までに起業支援した企業数は、20社以上。今後も起業支援を積極的に行っていく。今後は、起業に加えて起業後の会社の維持・拡大を積極的に支援する。特に売り上げ拡大に注力する。
2007年~2012年
M&Aコンサルタントとしての活動
経営コンサルタントして独立後、現在まで3年間に、事業承継も含めて10件のM&A案件の仲介・交渉・まとめ・M&A後の事業活動支援などを手掛けた。現在複数のM&A仲介会社と提携している。今後、海外企業とのM&A案件の仲介に力を入れる。M&A事業のポイントの一つとして、お互いにメリットが見いだせなくなった場合、M&A行為を止める勇気も必要であり、過去の案件ではそのように強くアドバイスしたことがあった。
2007年~2012年
事業再生コンサルタントとしての活動
経営コンサルタントとして独立後、M&A案件に加えて、売り上げ拡大支援依頼が入り始めた。売り上げ不振に陥った企業に対する、事業の整理や縮小・撤退、新規事業の立ち上げ支援を行ってきた。事業の縮小や撤退だけでは売り上げ確保につながらないので、新規事業の立ち上げ・拡大、集客力の向上を同時に行う経営支援を行っている。今後は海外市場の開拓が重要と考えており、積極的に支援したい。
2005年~2012年
企業研修講師としての活動
大手AVメーカー勤務時に、若手育成のための社内研修講師を担当した。研修方法はOJT(On-the-Job Training)方式で行った。経営コンサルタントとして独立後に、事業継承支援の一環として後継者育成や次世代経営幹部育成などのビジネススキルアップ研修を行っている。対象分野は、交渉を含むコミュニケーション術、リーダーシップ能力、アライアンス構築力、事業計画作成、調査力、事業者側から見た契約知識など。

実績

企業存続のために、事業領域や市場規模に応じた売り上げ拡大のための経営戦略をアドバイスしています。事業計画は策定が目的ではなく、それをいかに活用するかが重要です。実行プロセスにおける経験を活かし、事業を動かしながら、目標達成のために修正のサポートも行います。
専門雑誌取材
『PRIR(プリール)』2008年6月号(宣伝会議、広報・IRの専門誌)
特集1:事業撤退をマイナス情報にしない!引き際の広報
「case.2 大手機器メーカーで事業撤退を経験 カギは、情報管理の徹底」に掲載
執筆
■ビジネス情報サイト「海」Bizocean
「議事録」の書き方と活用ポイントを2008年5月20日から29日まで4回掲載
■『ターンアラウンドマネージャー』2009年1月号(銀行研修社 )
「異業種・同業種とのコラボレーションによる売上向上施策」に掲載
テレビ取材
2009年11月18日にテレビ東京放映のWBS(ワールドビジネスサテライト)にてインタービュー記事が放映された。『不況時代の起業支援 商人よ、大志を抱け!』のタイトルで放映。
URL;http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/highlight/o1_215.html
執筆
発行会社:銀行研修社 誌名:“経営支援実務の専門誌::ターンアラウンドマネージャー” 2009年1月号。特集記事:「異業種・同業種とのコラボレーションによる売上向上施策」を執筆。
執筆
発行会社:メットライフ アリコ 誌名:「ExpartLounge(エキスパートラウンジ)」(HTML メールマガジン)2011年8 月号特集記事:「今だからこそ押さえたい海外進出のツボ!」を執筆。

住所・連絡先・URL

専門家名
山本 雅暁(ヤマモト マサアキ)
事業所・屋号
グローバルビジネスマッチングアドバイザー
住所
神奈川県 横浜市泉区
URL
http://www.gbma.jp/ (GBM&A自社サイト)
http://bzsupport.blog.so-net.ne.jp/ (GBM&Aブログ)
http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/2033.htm (内閣府認証(特)日本経営士協会)
Twitter
http://twitter.com/#!/m_yamamoto_jp
Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=169346289807201

※直接ご連絡される際は「専門家プロファイルを見て連絡しました。」と言って頂けるとスムーズです。
※専門家に対する営業や広告掲載に関するご連絡はご遠慮ください。

営業・アクセス情報

営業時間
平日9:30~18:00
土 9:30~18:00
定休日
日曜日、祝日。ただし緊急の場合は、日曜日・祝日でも通常通り営業します